一番下のコメントへ

 「ラノベ&アニメのコミカライズはしょぼい」と長らく思い込んでいた時期がありましたが、今ではそんな偏見もすっかり薄れました。

 この「リゼロ」も実際上々な出来で、キャラさえ似てればいいなんてナメた作りでは決してなく、あの大ヒットしたアニメ版に引けを取らない(言い過ぎか?w)迫力。アニメから入った原作未読者を一気に魅了した重要な第一章もわずかコミックス2冊に過不足なくまとまっており、これまたコミカライズ懸念事項のひとつである「駆け足感」「スカスカ感」はほとんど感じられませんでした。

 そして仇敵・エルザの登場をみて、「ああこの人がコミカライズ担当でよかった」と確信するに至ります。妖艶さとサイコさを同時に纏う彼女をアニメで初めてみたときのあのゾクゾク感がフラッシュバック。これに限らず画的に、アニメの絵コンテを資料として渡されていた可能性も高いなと思います。「コレジャナイ感(あまり好きな言葉じゃないんですが…)」とは真逆の感覚ですね。これが欲しかった感。

 メディアミックスに於いて、小説がベストセラーになってアニメ化が大ヒットして、さらに漫画も遜色ない出来に仕上げるって並大抵ではないと思います。ま○マギもけも△レもお◇松もラ□ライブも、本クチコミ1行目の偏見を覆すものでは決してなかったです。潮目が変わったかなと感じたのは「ひぐらし」シリーズかなと、なんとなく思っています。これもいずれ語りたい作品シリーズではあるんですが

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー