あの武器はやはり強いと再確認できる人間と狼がクマに復讐をする漫画

一番下のコメントへ

大雪山のヌシというとてつもなく大きい熊に家族を殺された守人が、時を同じくして母を殺された狼とともに復習する漫画。マタギマタギ漫画っぽいが主人公の守人は農場の息子でマタギではない。

色々面白いポイントはあるんだけど、強すぎる巨大クマとの決着が圧巻。
クマは体調3〜4メートルくらいあり、守人の家族が襲われたとき額に銃撃を受けるも死なず、他にも急所を何箇所も撃ち抜かれるが死なない。強すぎる。

復讐を誓った守人が狼の「片耳」とともに巨大グマと初めて戦った時の初期装備、弓矢と木の棒を削った槍では当然歯が立たない。弓矢の無力さを知って、次第に銃を求めるが免許などは持っていないため、亡き祖父が家に隠していた銃で対抗するも、やはりクマには通用しない。

徐々に追い詰められ、もうだめだってときにあの武器が登場するのだが、それは読んでのお楽しみの方がいいと思う。

復讐心にかられて狼の「片耳」にきつくあたってしまうのに、片耳はなかなか甲斐甲斐しくも猛々しい狼で、この漫画で1番いいやつだと思う。表情も豊かで可愛い。
展開がぶっ飛んでいて時として笑ってしまうことも多い(最後の決着とか)が、この面白さはなかなか出会えない類のものなのでぜひ読んでもらいたい。

苦労して手に入れた銃を練習して使いこなせるようになったのに、ヌシに襲われたとき焦ったのか、銃台に蹴られて肩を負傷して銃を使えなくなってしまったの、本番で冷静にいられない心理状態をちゃんと描いているなって思う反面あまりにもままならなくて笑ってしまった。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー