icon_reread
また読みたい
フォロー
アストロ球団(1)
人間離れしたプレイを見せる9人の超人による野球チーム「アストロ球団」のダイナミックな活躍を描いた熱血スポーツコミック。交通事故で重傷を負った阪神タイガースのエース・江夏(えなつ)になりすまして登板した謎の少年は、変幻自在の投球で巨人打線を翻弄していく。彼こそ、名投手・沢村栄治(さわむら・えいじ)の意志を受け継ぐフィリピン人・シュウロが探していた超人の一人・宇野球一(うの・きゅういち)で……!?
アストロ球団(2)
驚異的な守備力を見せつける明智(あけち)兄弟を超人と認め、彼らの獲得に乗り出したシュウロ率いるアストロ球団。その後、巨人対阪急の日本シリーズで巨人選手になりすまして出場した宇野球一(うの・きゅういち)は、「ジャコビニ流星打法」を編み出して明智兄弟の守備を打ち砕く。そして明智兄弟を獲得したシュウロは、大観衆を前にしてアストロ球団の結成を宣言して……!?
アストロ球団(3)
アストロ球団とブラック球団の平和台決戦で、カミソリの竜(りゅう)と対決した宇野球一(うの・きゅういち)は、渾身の三段ドロップを投球したのに勝負しようとしない竜に腹を立てる。その後、途中登板した無七志(むなし)をジャコビニ流星打法で打ち砕こうとした球一だったが、無七志の投球を警戒するシュウロによって制止される。そして体力を消耗していく球一を気遣って無七志の球に手を出した球二(きゅうじ)が……!?
アストロ球団(4)
ブラック球団から無七志(むなし)を獲得するために、無七志の殺人L字投法に挑む巨人軍監督・川上(かわかみ)。そこで無七志の妖球を分析しようとしてツースリーに追い込まれた川上は、ついに妖球をミートしてボールの直撃からは免れるが倒れてしまう。しかしその後、勝負を諦めず再び立ち上がった川上は、左打者なのに右ボックスに入って……!?
アストロ球団(5)
金田(かねだ)監督率いるロッテと初のオープン戦を迎えたアストロ球団。その試合直前、ロッテの秘密兵器であるモンスター・ジョーがピッチングマシーンによる三段ドロップを打ったと知らされた宇野球一(うの・きゅういち)は、動揺しながらもベンチ入りする。そして球一は、金田監督に観客の中から3人をチームに加える条件を突きつけられて……!?
アストロ球団(6)
5対1とロッテにリードされてしまったアストロ球団は、2回裏の攻撃で両手を負傷した球七(きゅうしち)の執念の一打によって2点を奪い返す。同じ頃、地下の特訓場では宇野球一(うの・きゅういち)が失神しながらも新魔球を完成させていた。その後、三回表に代打として出てきたリョウ坂本(りょう・さかもと)に挑発された球一は、新魔球のスカイラブ投法で勝負を……!?
アストロ球団(7)
ロッテに苦戦する宇野球一(うの・きゅういち)らアストロ球団の前に現れた謎の男は、軽々と三段ドロップを投げ、スカイラブ投法も投げてみせると言い放つ。そこで男の投げるスカイラブ投法を見極めた球一は、自分のスカイラブとは根本的に違うと言って、周囲を圧倒するスカイラブ投法を見せつける。しかしその男、峠球四郎(とうげ・きゅうしろう)はスカイラブ投法を確実に打てると宣言し、球一は彼に底知れぬ何かを感じ取って……!?
アストロ球団(8)
デッドボールで意識を失った宇野球一(うの・きゅういち)が抜けたアストロ球団は、ロッテの猛攻で絶体絶命のピンチに陥ってしまう。その時、グラウンドに寝かされていた球一が奇跡的に回復して、リョウ坂本(りょう・さかもと)との勝負に挑んでいく。そして渾身のスカイラブ投法で坂本に勝利した球一だったが、坂本からこの試合の勝利は完全にロッテのものだと言われて……!?
アストロ球団(9)
ロッテの勝利を目前にして、出塁した球五(きゅうご)の健闘に応えようとバッターボックスに立った宇野球一(うの・きゅういち)。しかし鎖骨だけでなくヒジも負傷していた球一は、立っているのが精一杯でありながら根性でボールに食らいつくが、ついに限界を迎えてしまう。そんな球一のために球三郎(きゅうさぶろう)は、土下座して観衆へ代打をお願いし、カミソリの竜(りゅう)がその代打に名乗り出て……!?
アストロ球団(10)
アストロ球団をつぶすと宣言する峠球四郎(とうげ・きゅうしろう)を尾行していた球三郎(きゅうさぶろう)と球六(きゅうろく)。そこで、ボクシングのヘビー級チャンピオン・ダイナマイト・拳(けん)、張り手が強烈な新人力士・雷剛(らいごう)などスポーツ界から有力選手をスカウトしていく球四郎の行動を知った球三郎は、とてつもない不安に駆られて九州へ旅立ち……!?