ネタバレ獣医ドリトルのコンビが復活、動物を取り巻く社会問題を描く新連載

地獄の田中

獣医ドリトルちくやまきよし・夏緑コンビが再びタッグを組んでビッグコミックオリジナルで新連載が始まった。
最近結構話題になっている悪質なペットビジネスとかに切り込む感じの漫画になりそう。
最初の方だけなら試し読みができる
http://big-3.jp/bigoriginal/tameshiyomi/saisin/20170605/shippo/index.html

地獄の田中

あと、協力としてタレントの杉本彩が参加している。
公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの理事長を務めていると初めて知った。
https://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-12280952637.html

犬が喋るから犬が主人公かと思ったらそうではなさそう。

ビッグコミックオリジナルの新連載でついに現代を舞台にした漫画が始まった

悪質なペットビジネスの話だから軽くはないだろうと思っていたけど、思っていた以上に犬の死体の描写がきつい。事実なんだろうからなおのこと辛い。2話目で助けられたのでよかったが。

共食いの跡がなかなか辛かった。ただこういう方向の話なんだなっていうのはよくわかった。

結局警察には連れて行かれたのかね。1話目の見開きの女の子も出てきたが、ちゃんとした登場は3話目だな。

シェルター獣医学なんてのがあるんだな。
次からはアニマルシェルターで、ビーグルと希音が友達になるまでの話になりそう。アニマルシェルター自体も初めて知ったので興味深い

天原アニマルシェルターであのビーグルが心を許してくれるまでの話だった。これまであまりピンときていなかったがこういう話結構好きだな。希音がいい。

ただ、狂犬病だから殺処分になってしまうのかな。。。

ビーグル死んでしまった・・・

希音と別れるところも泣き所だったのに終わり方が悲しすぎて辛かった

最初どうかなって思ってたけど、回を重ねるごとに面白くなってきた。
地獄への道は無責任な善意で舗装されている。
回り回って、殺処分への道が繋がっているのがよくわかる

保健所の殺処分は、正直目を背けていたところがあるが、やはり辛いものがある。殺処分のボタンを押すのは死刑執行官と同じ苦しみだな。

前半の譲渡会は「こういうのがあるんだな。いい取り組みだ」と思ったが、最後の「半額」が辛かった。

あの猫を引き取りに来た希音の友達の子が問題を起こすのではないかと思ったが、「半額」の伏線役だったか。

たまに渋谷とか銀座で見かける、やけにおとなしい猫がいるけど、あれは虐待されているからおとなしいと聞いたことがある。ああいう話かな

猫って3万以下まで値下がりするなんて信じられない。しかも、人気のスコティッシュ。値段がついているっていうだけで、あまり気持ちのいい話ではないんだけどさ。

次回が怖くなりそうで不安

獣医ドリトルがバナー広告に

交配証明に写真を撮るのか、交配証明自体も初めて知った

単行本はまだか

こういうのって結局飼い主になる人がリテラシーと責任持ってちゃんとやるしかないんだよな

あの前足が壊死した犬は元気そうでよかった

相変わらず面白い

コメントする
投稿者名
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う