投稿
61
コメント
559
わかる
843
ななし
ななし
2021/01/22
「男版CLAMP」な世界を渡る壮大なバトルファンタジー!
camera
「爆宴」という簡潔ながらパワーのあるタイトルがデカデカと力強い書体で描かれ、ドラゴンと上半身裸の男が燃え盛る炎を背負っている…。こんなん絶対自分が好きなやつじゃんと直感でジャケ買いしたら、想像以上に骨太で壮大なバトルファンタジーだった。 とにかく1話がクソかっこいい…! 崩壊する世界をただ1人眺めていた少女の前に、「親方! 空から男の子が!!」っていう感じで青年が現れる…というのがもうバチボコにエモい!!! https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156763047457 どうやら青年は他の世界からやってきたようで、いくつもの世界を渡っているらしく、主人公・晶は「公孫勝」という人物からかかってきた電話の指示を頼りに新たな世界へと飛ぶ。 自分は水滸伝知らなかったので、晶が言及するまでこの漫画が水滸伝を下敷きにしてるんだと全く気付かなかった。 作品のノリが「男版CLAMP」とでもいうか、なんというか90年代のファンタジーって感じがしてとにかく最高。 実際のところ、2巻まで読んでストーリー自体がすごく面白いとか、キャラがめっちゃ立ってる漫画というわけじゃない。 なんというかこの物語の世界観、「設定そのもの」がアラサーにぶっ刺さってくる。 そして絵が無茶苦茶うまくて、全部が見せ場というかどこを切り取ってもバチクソかっこいい。 自分の心の厨ニがワクワクする素晴らしい作品なので、ひとまず1話読んで格好良さを味わってほしい。
ななし
ななし
2020/12/25
ネタバレ
20世紀初頭の科学力で火星人に蹂躙される恐怖。
camera
人から借りた漫画のなかにこれが入っていて何の気なしに読んでみたのですが、1巻を読んだ日は夢に火星人が出てきて熱線で襲われたくらい強烈な作品だった。 人間とは似ても似つかない姿の火星人たちは円筒(シリンダー)と呼ばれる巨大な弾丸のようなもので地球へとやってくる。 三脚台(トライポッド)という自立型兵器で移動し、触れた部分だけ綺麗に消滅する恐ろしい熱線で街と人間を破壊する。天文学者によると円筒は次々に火星から発射されているらしく、その言葉どおり第2、第3…と円筒が何個も降り注ぐ。 火星人そのものというより、これほど恐ろしい存在に1901年の科学力で立ち向かわなくてはならないという事実に途方も無い絶望を味合わされる。 馬車とライフルと大砲しかないとか無理すぎる…。 この圧倒的な武力を前に、無力な人間が為す術なく一方的にすり潰される絶望が妙に心地いい。 「宇宙戦争」というタイトルですが、実際にはまったく歯が立ってないので戦争ではなく蹂躙と言うほうがふさわしい。 原作を知らないのでどんな結末を迎えるのか全く想像がつかないので楽しみです。
ななし
ななし
2020/12/01
ネタバレ
転移が一瞬すぎ!! 異世界転移のお約束を逆手にとったコメディ
3年ほど前にこれのプロトタイプを初めて読んで『異世界』ブームを逆手に取った逆転の発想がすごいと感心したやつ。 https://twitter.com/amaousansan/status/933651957444521985?s=20 普段『異世界転移』する場合、基本的にはトラックに轢かれたり過労死したり、のっぴきならない事態のせいで劇的にこの世から違う世界へ飛ばされ(しかもだいたいは地球よりスローライフで素敵な暮らしをしている)、神様が誤って主人公の人生を終わらせてしまったとかで二度と地球に戻れず、そのお詫びでチート能力を手に入れる…と。 こうやってありがちな流れ挙げるだけでも、飛ばされた瞬間がいかに重要かわかるものだけど、この「フリーターが地味に異世界転移するマンガ」はマジで転移が地味。 仕事中などのふとした瞬間になんっっの脈絡もなく異世界に飛ばされて、自体を把握する前に(多分5〜10秒以下)でまた日本に戻ってくる。 なんなら大方の場合、ボーッとしてたりよそ見しているので転移したことにすら気づいていないんだけど、そのぼんやりしてるときに主人公がとった行動のおかげで多くの異世界人たちの命が救われるというのが面白い。 (チャリのかごにフライドチキン入れたまま転移したことで狼の群れに出会い、主人公に群れが着いてったことで狼に襲われてた異世界人の命が救われたやつ好きです。群れはずるいよ) 主人公をこんな雑にランダムに、何度も異世界と日本をいったり来たりさせるなんて、異世界ブームの真っ最中によく考えたなぁとホント感心します。 久々に単行本で読んでみると、もはやテレビをザッピングしまくる人を端から見ているみたいでちょっと鬱陶しいくらいでした。 行くなら行く、行かないなら行かないでハッキリしてほしい。 あと主人公がちょいちょい異世界に飛ばされてるのを友人に信じてもらえないところも「うぎー!」となりました。スカッとしたい…。 とまあ、こんな感じであくまで徹底して『異世界もの』のお約束に反している作品でした。