投稿
コメント
わかる

『なかよし』かその派生雑誌?で読み切りとして載っていた漫画が思い出せず、気になっています。
難しいかとおもいますが、ご存知の方いらっしゃればお力を貸してください。

【読んだ時期・連載時期】2000年代頃
【読んだ媒体】雑誌
【カテゴリ】少女漫画
【掲載誌】『なかよし』もしくは『なかよしラブリー』などの増刊号、読み切りの後連載になった記憶もありますが定かではないです。(他の漫画と混ざっている可能性あり)
【著者名の印象】日本名?
【作品名の印象】全く覚えていません。◯◯学園だった気もしますが、全然違うかもしれません。
作品の内容について
【表紙の印象】覚えていません。
【あらすじ】主人公である女の子三人組がとある学園に調査か何かで潜入する
【覚えているシーン】学生として学園に潜入する。入学式のシーンがあった気がする。そこの学園の生徒は洗脳(?)されている(?) 三人組が捕まって檻に入れられてしまう。黒髪のクールっぽい女の子が「ここなんだか暑いなー」と言いながら服を脱ごうとして、胸が見えそうになるのを、看守の男性が見て、興奮して失神(?)した隙に逃げ出す
【キャラの名前】覚えていません
【絵柄】少女漫画っぽい絵
【その他特徴】「きょにゅう★刑事きょにゅう★刑事」の読み切りと一緒に載っていた気がします。

かなり前の読み切りの漫画なので難しいかとおもいますが、何か知っている方いらっしゃったらお力を貸していただきたいです。
よろしくお願いします。

単行本で修正されていないという事は、 1)誰も気付いてない問題の可能性がある 2)展開が駆け足で説明が省かれている が考えられると思います。 1)についてはネットを検索したり、「人気アニメ・マンガのあり得ないミス200」などムック本を漁ってみましたが、それらしい情報は見つかりませんでした。 2)については最終巻を改めてよく読み直したところ、 タオが12人目ではないかと思いました。 というのも、 アナベベに扮したタオがエンドとやり取りしていたシーンで、 エンド「まさかあんた・・・」 タオ「いい勘してるよエンドねーちゃん」 という会話のシーンがあり、そこが鍵になりそうな気がしています。 名前からして、エンド=末っ子だと思い込んでいましたが、 実は下にもう一人いて、タオこそが12人目の子どもだったのではないでしょうか? 6男6女といいながら、11人と説明していたのは、教団の中心人物であるタオを家族とは考えていなかったからでは? と、ここまでウダウダと考えてみましたが、 男女の数を考えると、タオの性別は女の子になるはずなんですよね…。 痩せこけて男か女どちらかわからない見た目なのではっきりはしません。 それに「ターちゃん」のことを「お父さん」のように呼んでなかったので、 その辺も考慮すると、可能性は薄い説ではありますが。

単行本で修正されていないという事は、 1)誰も気付いてない問題の可能性がある 2)展開が駆け足で説明が省かれている が考えられると思います。 1)についてはネットを検索したり、「人気アニメ・マンガのあり得ないミス200」などムック本を漁ってみましたが、それらしい情報は見つかりませんでした。 2)については最終巻を改めてよく読み直したところ、 タオが12人目ではないかと思いました。 というのも、 アナベベに扮したタオがエンドとやり取りしていたシーンで、 エンド「まさかあんた・・・」 タオ「いい勘してるよエンドねーちゃん」 という会話のシーンがあり、そこが鍵になりそうな気がしています。 名前からして、エンド=末っ子だと思い込んでいましたが、 実は下にもう一人いて、タオこそが12人目の子どもだったのではないでしょうか? 6男6女といいながら、11人と説明していたのは、教団の中心人物であるタオを家族とは考えていなかったからでは? と、ここまでウダウダと考えてみましたが、 男女の数を考えると、タオの性別は女の子になるはずなんですよね…。 痩せこけて男か女どちらかわからない見た目なのではっきりはしません。 それに「ターちゃん」のことを「お父さん」のように呼んでなかったので、 その辺も考慮すると、可能性は薄い説ではありますが。

@待っててコイサンマン

考察ありがとうございます
これからちょっとその否定意見になってしまいますが、ご容赦ください

まず、タオが12人目だということ
肯定的意見なら、画像で青の5を付けた人物が、まぁ女性にみえなくもない
それなら男が一人足りないことになり、性別が男でも可

否定的意見ですが、
まず「兄と姉が11人」とはっきり言っています
命名規則からしても20歳のエンドが最後の子供であり
男女関係なくそれ以下の子供がいるとは私には考えにくい
産まれた時点で教祖であったわけでもないでしょうし

名前もタオ(道)であり、中国的なのも違和感
これはエンドも英語なので気にしなくても良さそうですが
出生順が絡んでない方が違和感がありますね

あと、ホントにタオが子供だった場合
あのロケットに入っていた写真はターちゃんたちとの写真にして
人間にターちゃんを殺された恨みで教祖になった
という話にした方が、逆に犬の恨みっていうよりも話が分かる気がします

ただ、たしかに「エンドねーちゃん」発言はおかしいですよね
エンドはアナべべをおじさんとは呼んでいますが
現実のアナべべが末子のエンドをねーちゃん呼ばわりはしないでしょうし
アナべべ役の上の発言だったのか、タオ本人としての発言だったのか謎ですし

徳弘正也徳弘正也先生に聞いてみたいですねぇ

user_private
待っててコイサンマン
そういう制度とはいえ、ジャンプも酷なことしますよねぇ 逆に今の編集たちはサム8に温情掛け過ぎでしたし って、ただの愚痴ですねw 現在徳弘正也先生自体が一歩引いた感じ位置にいるので寂しく思います やっぱり話題にならなかったんですね・・・ 当時の本紙のあとがき欄やコマ外のコメントなどに 子供の数について言及があったりしなかったんでしょうかね もしくは、後のなにかのインタビュー記事など

そういう制度とはいえ、ジャンプも酷なことしますよねぇ 逆に今の編集たちはサム8に温情掛け過ぎでしたし って、ただの愚痴ですねw 現在徳弘正也先生自体が一歩引いた感じ位置にいるので寂しく思います やっぱり話題にならなかったんですね・・・ 当時の本紙のあとがき欄やコマ外のコメントなどに 子供の数について言及があったりしなかったんでしょうかね もしくは、後のなにかのインタビュー記事など

@名無し

単行本で修正されていないという事は、
1)誰も気付いてない問題の可能性がある
2)展開が駆け足で説明が省かれている
が考えられると思います。

1)についてはネットを検索したり、「人気アニメ・マンガのあり得ないミス200」などムック本を漁ってみましたが、それらしい情報は見つかりませんでした。

2)については最終巻を改めてよく読み直したところ、
タオが12人目ではないかと思いました。

というのも、
アナベベに扮したタオがエンドとやり取りしていたシーンで、

エンド「まさかあんた・・・」
タオ「いい勘してるよエンドねーちゃん」

という会話のシーンがあり、そこが鍵になりそうな気がしています。

名前からして、エンド=末っ子だと思い込んでいましたが、
実は下にもう一人いて、タオこそが12人目の子どもだったのではないでしょうか?

6男6女といいながら、11人と説明していたのは、教団の中心人物であるタオを家族とは考えていなかったからでは?

と、ここまでウダウダと考えてみましたが、
男女の数を考えると、タオの性別は女の子になるはずなんですよね…。
痩せこけて男か女どちらかわからない見た目なのではっきりはしません。
それに「ターちゃん」のことを「お父さん」のように呼んでなかったので、
その辺も考慮すると、可能性は薄い説ではありますが。

俺もリアルタイムで読んでたよ。一個前のルシュ王国のあたりからだんだん掲載位置が後ろの方になっていって、教団編が始まってあっというまに終わったのはよく覚えている。 ちなみに子供の数だけどジャンプ掲載時は話題になった覚えはないです

俺もリアルタイムで読んでたよ。一個前のルシュ王国のあたりからだんだん掲載位置が後ろの方になっていって、教団編が始まってあっというまに終わったのはよく覚えている。 ちなみに子供の数だけどジャンプ掲載時は話題になった覚えはないです

@名無し

そういう制度とはいえ、週刊少年ジャンプジャンプも酷なことしますよねぇ
逆に今の編集たちはサム8に温情掛け過ぎでしたし
って、ただの愚痴ですねw
現在徳弘正也徳弘正也先生自体がはじめの一歩一歩引いた感じ位置にいるので寂しく思います

やっぱり話題にならなかったんですね・・・
当時の本紙のあとがき欄やコマ外のコメントなどに
子供の数について言及があったりしなかったんでしょうかね
もしくは、後のなにかのインタビュー記事など

14歳14歳の頃に初めて見た「機動戦士ガンダムSEEDSEED」心を奪われた主人公の神崎さやか。しかし、周囲の友人がキャラクターの話で盛り上がるなか、彼女が惹かれたのはモビルスーツ。そんな気持ちを同級生同級生にも話せないまま時間は過ぎ気付けば30歳。そんな彼女がある日、ガンプラ好きの女子高生、高宮宇宙(そら)と出会う。

まず心惹かれるのは、30歳のOLであるさやかと16歳の女子高生である宇宙が年齢を超えてて"好き"の気持ちで繋がっていること。「メタモルフォーゼの縁側メタモルフォーゼの縁側」にも近い設定ではありますが、作中でも触れられてる通り、"16歳"というのはちょうど「ガンダムSEED」が放送されていた年に生まれた子ということ。つまり、相手が生まれる前から好きだったものを通して生まれる交流、これこそが本当の意味での"世代を超えた交流"なのではないでしょうか。

また、"世代を超えた"という意味でもう1点重要だと思っているのが、2人の"好きなもの=ガンダム"に対する接し方。好きな気持ちの強さは変わらないのですが、周囲にガンダム・モビルスーツが好きなことを話すことを躊躇っていたさやかに対し、宇宙のほうは初対面のさやか相手にさえ『お姉さんもガンプラ好きなんですかっ!?』と臆面もなく言い放ちます。好きなものが少数派だったときにそれを周囲に堂々といえないという気持ちは「トクサツガガガトクサツガガガ」などでも描かれていますが、特に30代以上の人なら誰しもが経験しているものだと思います。それが、もちろん人に依るところもありますが、時代が令和に移ってマイノリティでも好きなものを好きと堂々と言えるようになった、そんな世代間の見えないギャップも描いているのではないかと思います。

作者の工藤マコト工藤マコトさんも「ガンダムSEED」から入ってガンダムが好きになった経緯があるとのことで、もしかしたら作者の実体験も多少なりとも入っているのかもしれません。そしてそんな作品をガンダムシリーズの専門誌であるガンダムエースで連載している、そんな奇跡的な繋がりにも感謝しつつ、ガンダム好きだけではなく、幅広く。広く楽しんでもらえる作品だと思います。

1巻まで読了

今週始まったブクロキックスも主人公整体師だった 爆速でライバル作品現れたけど大丈夫?

今週始まったブクロキックスも主人公整体師だった 爆速でライバル作品現れたけど大丈夫?

@名無し

ケンシロウによろしくケンシロウによろしく」は指圧師が主人公で、風俗嬢がヒロイン。
「ブクロキックス」は整体師が主人公でキャバ嬢がヒロインかあ!
キャラ配置も似通っていますね。(笑)
でも指圧ギャグ漫画とブラインドブラインドサッカーのスポーツ漫画とジャンルが異なるので大丈夫でしょう。(笑)

戦争は女の顔をしていない戦争は女の顔をしていない

闘病レポみたいなのは辛くてあまり好きじゃないのだけど笑い飛ばして楽しんでしまった漫画
いいキャラって言うか、いい人ですね 医者も本人も

何も起こらない日常日常で、いつも通り美味しいご飯を食べる幸せ。たまに、いつもよりちょっと豪華なご飯を食べる幸せ。それはいつの時代も変わらないのだ、と優しく穏やかに教えてくれるような作品。

土山しげる土山しげる先生の作品に出てくるご飯はどれも美味しそう。でも、それを凌駕するほどの衝撃をいつも感じていたので、純粋に「ご飯が美味しそう」を楽しめることに新鮮な喜びを感じました。
グルメな武士って飯不味かったら店の看板ぶった切ったのち刀で飯作ったりするのかなあ、なんて想像していたことを反省します。

実際描かれているのは、現代人も羨むほど穏やかでのんびりした世界。
むしゃくしゃして鯵のひらきを夜中に焼いたり、体調が悪いのにカツオのたたきをたくさん食べて後悔したり…なんとも微笑ましいエピソードが満載です。
実在の人物・酒井伴四郎が残した日記に基づいた作品ですが、土山先生当時そこにいたんじゃないのと思うほど人物も料理もイキイキと描かれています。漫画界の司馬遼太郎司馬遼太郎ですね…!

こんなご時世ですもの、お家で美味しいものでも食べてブシメシ読んで、少しでも穏やかな気分に浸ってみませんか?
とにかくテンション上げたい、元気になりたいひとは食キング食キングとか喧嘩ラーメン喧嘩ラーメンとか読みましょう。

 学園サスペンス兼ラブコメ。一族の呪われた力を受け継ぐヒロイン"しちは"と出会い、そこから凄惨な事件へと巻き込まれていくこととなる少年ゴローが主人公は、協力して「身代わりの呪い」を乗り越えていくことになる。
以下が大まかな流れ

1 主人公ゴロー何者かに殺される→
2 ヒロインしちは身代わりになって死ぬ→
3 ゴロー犯人を暴く→
4 しちはが生き返って代わりに犯人が死ぬ
5 1~4を7回繰り返す

 システム的に無駄が多いなぁという印象と、よくできてるなぁと感心するのとが同居しているのが正直な感想。
 殺されたゴローの身代わりになるために常時つきまとい、必然、凶行も目撃しているわけだから2~3のプロセスは遠回りでしかなく、ルール上仕方がないとは言えヒロインが無駄死にしている感がゼロとは言えない。
 逆に少年漫画の面白さをよく引き出しているなという意味でよくできていると感心した。身代わりで死んだしちはを見捨てれば、その後何度も殺される恐怖から逃れられる。しかし主人公は「女の子を助けたい」と自らを奮い立たせ、死の恐怖に立ち向かう選択をする。そして彼は彼女を助けるために謎解きに奔走する。
 元はといえばゴローは完全に巻き込まれた側なので、命を賭してまでしちはを救う義理はないのだが、「スケベ心」というよりは「女の子と仲良くなりたい」という自信の信念そのものに殉じている節がある。その点「彼女、お借りします彼女、お借りします」の主人公よりは見ていて気持ちのいい奴ではある。

 もうひとつこの作品の重要な魅力の一つとして、絵の魅力度の高さ、ヒロインの可愛さを挙げておきたい。マガジンで始まっては消えていくサスペンス系作品には無かった武器だが、仮に人気振るわず打ち切られてしまったとしても、画力を活かした次回作、次々回作でヒットを生み出す可能性を強く感じる(「煉獄のカルマ煉獄のカルマ」を打ち切られた数年後「五等分の花嫁五等分の花嫁」で大ヒットした春場ねぎ春場ねぎ先生のように)。

私の保健室へおいで…私の保健室へおいで…』は2002年にハヤカワ文庫JAレーベルにて発行された作品集だ。収録作品は81年〜90年作までと年代で見れば幅広いが、版元の紹介文に「スタイリッシュなラヴロマン」と謳われている通り、全作に恋愛要素を含んだ統一感のあるラインナップである。
こう書くと、恋愛最中の高揚感であるとかシャープな駆け引きみたいなのを想像されるかもしれないが、清原先生の作品ではもっと引いた視点から恋愛が描かれる。それが清原なつの清原なつのシグネイチャーとしか言いようのない個性をマンガに宿している。

清原先生は、思い込みや呪縛などによって凝り固まってしまった心がフッと解きほぐされる瞬間を描く。
そういった人が持つしなやかな強さに触れた時、自分の心も軽やかになった気分になる。
この特色は、恋愛要素を主軸とした本書において特に傾向が強い。清原作品における恋愛は誰かと誰かの交流であり、他者により自己が変化することがあるためだ。それが本書を魅力的なものにしている。「新説 赤い糸の伝説赤い糸の伝説」とか本当に最高……

本書から清原先生に入門した場合、次に読むのは何がよいだろうか。
発表当時のコミックスは絶版であるが、近年に月刊フラワーフラワーズでポツポツと発表されている作品を除けば、ほぼ全作品が文庫などで網羅されている。(電子書籍化も文庫については殆ど為されている状況)
そのゆえ間口がとても広いので、コレという名前を挙げるのは難しい。各々の関心領域と描かれている題材がマッチしている作品が適していると考える。
本書から遠くないニュアンスのものを読みたいのなら『春の微熱春の微熱』、もしSFが好きであるなら『アレックス・タイムトラベルアレックス・タイムトラベル』、歴史物であれば『飛鳥昔語り飛鳥昔語り』、性に纏わる領域に関心があるなら『花図鑑花図鑑』あたりだろうか。これらをまとめた清原先生の総体と向き合うのなら自選傑作集『桜の森の満開の下』。清原先生が生み出した発明的キャラクター・花岡ちゃんが活躍する『花岡ちゃんの夏休み花岡ちゃんの夏休み』もいい。

ちなみに、マイベスト清原なつの作品は『春の微熱』収録「群青の日々」です。

絵的には、少女漫画なのですがストーリーが面白いので楽しめます。
深く考えずに読めるので、面白いです。
普通の少女漫画にはない感じが私は好きでした。
独特のキャラクターが満載で読んでいて飽きないし、ところどころで笑わせてくれるので面白いし楽しい漫画です。

古い記憶になるので暖味な部分もありますが、
昭和の時代には
少年漫画は少年が読むもの、
少女漫画は少女が読むもの、
という感じの、確実にして高い壁が少年少女少年少女漫画の
間には存在していたと思うのです。
今ではそれほどでもないのかもしれませんが。
ましてBL漫画なんて絶対に少年は読まないし、
少女だって表立っては読めない時代だったと思います。

にもかかわらずというか、そんな時代にそんな壁を飛び越えて
パタリロ!パタリロって漫画は凄く面白いぞ」
という情報が、少年漫画しか読んでいない少年どもに
まるで共産主義社会に漏れ伝わってくる自由主義社会の
情報の如く雪崩れ込んできたのですよ、そのころ(笑)。
面白かったですねえ、ホントに。
高飛車な言い方をさせてもらえるならば、当時は
「少女漫画も面白いんだな」と感じました。

なので
>>普通の少女漫画にはない感じ
というコメントを読んで、
あ、パタリロって当時の少女漫画の世界でも普通ではなかったんだ、
と今更ながらにわかって、微妙な気持ちですね(笑)。