佐伯ワールドに浸れる代表作
サミアド
サミアド
3ヶ月前
スターオーシャン2やヴァルキリープロファイル などTVゲームアンソロジーで活躍されていた佐伯弥四郎 先生のオリジナル作品です。 設定は細かく考えてあるみたいですが、内容的にはテンポ良い言葉の応酬とキャラの暴走で読者を笑わせる漫画です。 ジジイが良く脱ぎます。主人公(男)も獣人も脱ぎます。いつもの佐伯作品ですね。痴女も出ます。 筋肉系シスター・ウォーベックなど個性的なキャラ達が佐伯コメディ空間に飲み込まれ、本人達は真剣なのに読者目線だと爆笑の謎漫画が完成しています。当時ゼロサムで1番好きでした。 最後は打ち切りだったのか正直、不完全燃焼です。良い作家さんなのに現在、音沙汰無しで凄く残念です。 スマホゲームの短編漫画とかでも良いので新作が読みたい作家さんです。
スターオーシャ...
春=妹
干し芋
干し芋
3ヶ月前
19歳で死んでしまった妹の春の恋人と付き合うって・・・。 妹の恋人だった冬吾は、今まで親の引いたレールを真っ直ぐに歩んできた。 それは、自分のやりたいことがなかったから。 夏美、春と会ったお見合いも、財閥の血筋が欲しいというもので、親に進められてのこと。母親の気に入った妹と付き合うのも自然の流れ。 でも、冬吾は最初から夏美の事が気になっていた。 そして、春が亡くなった後、同じ血筋なら姉と付き合ってはどうかと言う話になったらしい(のちのち、分かるが、冬吾がそのように話を持っていった)。そこで、妹が大好きだった姉は冬吾に付き合う条件として、『春とデートに行ったところに私を連れて行って欲しい。』と頼む。そして、二人は、妹の亡き後、色々な思いに苛まれながら、答えを見つけられないまま、一緒に生活することになる。 2巻で完結なので、サクサク話は進みますが、・・・。 もっと、深く心理を描いてほしかったと思いました。
春の呪い