🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ
1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
ギガントはあれ何のつもりで描いてるの?ホラー? 奥の本業ってホラー? 例えば大佐がカップ麺をボンネットで温めて、キレて襲い掛かってきた ヤクザを射殺するとことかサイコホラー?

ギガントはあれ何のつもりで描いてるの?ホラー? 奥の本業ってホラー? 例えば大佐がカップ麺をボンネットで温めて、キレて襲い掛かってきた ヤクザを射殺するとことかサイコホラー?

@名無し

たしかに謎だな
1巻の時点では「全く新しいボーイ・ミーツ・ガール」だったらしいけど
https://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091898753

ギガントは読んでいて「この漫画は何も考えてない。何も無い」と常々思う。
編集者が言ってたけどスペリオールはそういうコンセプトらしい。
ただ「ぼけー」と絵だけ眺める。それがスペリオールなんだと。
ただ学校に巨人が襲撃した話はパプリカというか筒井系のJホラー要素がある
と思う。しかしなぜ一般人の姿をした巨人なのか。その巨人が街を襲撃する様
が現代社会の情勢とか何か構造とかと関係があるのかと思いきや「特に意味は
無いし何も考えてない」んだと思う。
ガンツもだけど、街をどんちゃかどんちゃか妖怪やら悪魔やらが大名行列みた
いに歩く様はまんまパプリカとかデビルマン系とか筒井系のJホラー。

歴史ネタ地理ネタ競馬ネタ落語ネタと、あべ善太氏の引き出しの広さは凄かっただけに、せめて新・味いちもんめ後からなら違和感少なく見れたかもしれないけど(それでもボンさんや伊橋の風俗好き設定が無かったことになるわけだが)
継ぎ味は独立編以降との違和感がデカくなってしまうっていう…
ボンさん不在も解消されたとはいえ、この爺さん無印だとセントライトのダービーを見たとかいう設定だったし、もしこの設定が生きていたらどんなに若く見積もっても90歳越えてるぞ…

ギガントは読んでいて「この漫画は何も考えてない。何も無い」と常々思う。 編集者が言ってたけどスペリオールはそういうコンセプトらしい。 ただ「ぼけー」と絵だけ眺める。それがスペリオールなんだと。 ただ学校に巨人が襲撃した話はパプリカというか筒井系のJホラー要素がある と思う。しかしなぜ一般人の姿をした巨人なのか。その巨人が街を襲撃する様 が現代社会の情勢とか何か構造とかと関係があるのかと思いきや「特に意味は 無いし何も考えてない」んだと思う。 ガンツもだけど、街をどんちゃかどんちゃか妖怪やら悪魔やらが大名行列みた いに歩く様はまんまパプリカとかデビルマン系とか筒井系のJホラー。

ギガントは読んでいて「この漫画は何も考えてない。何も無い」と常々思う。 編集者が言ってたけどスペリオールはそういうコンセプトらしい。 ただ「ぼけー」と絵だけ眺める。それがスペリオールなんだと。 ただ学校に巨人が襲撃した話はパプリカというか筒井系のJホラー要素がある と思う。しかしなぜ一般人の姿をした巨人なのか。その巨人が街を襲撃する様 が現代社会の情勢とか何か構造とかと関係があるのかと思いきや「特に意味は 無いし何も考えてない」んだと思う。 ガンツもだけど、街をどんちゃかどんちゃか妖怪やら悪魔やらが大名行列みた いに歩く様はまんまパプリカとかデビルマン系とか筒井系のJホラー。

@名無し

いぬやしきの頃から絵>>>>>ストーリーの流れが強まったように思う
上手いんだけどどこか魂が欠けてる感じ。

連投になってしまうが.....
SFというジャンルで、主人公が死亡するもクローン人間として復活し宇宙人と戦う、主人公が死亡するもサイボーグとして復活し悪と戦う、主人公が未来人のパワーを得て人工知能と戦うーー超現実的なシチュエーションに巻き込まれ、生死を賭けた闘いが繰り広げられるというこのパターンは確かに強い。
がしかし、それがGANTZいぬやしき、そしてギガント
3回も続くと........このあたりにマンネリ感の正体があるんじゃないか。

連投になってしまうが..... SFというジャンルで、主人公が死亡するもクローン人間として復活し宇宙人と戦う、主人公が死亡するもサイボーグとして復活し悪と戦う、主人公が未来人のパワーを得て人工知能と戦うーー超現実的なシチュエーションに巻き込まれ、生死を賭けた闘いが繰り広げられるというこのパターンは確かに強い。 がしかし、それがGANTZ、いぬやしき、そしてギガントと 3回も続くと........このあたりにマンネリ感の正体があるんじゃないか。

連投になってしまうが..... SFというジャンルで、主人公が死亡するもクローン人間として復活し宇宙人と戦う、主人公が死亡するもサイボーグとして復活し悪と戦う、主人公が未来人のパワーを得て人工知能と戦うーー超現実的なシチュエーションに巻き込まれ、生死を賭けた闘いが繰り広げられるというこのパターンは確かに強い。 がしかし、それがGANTZ、いぬやしき、そしてギガントと 3回も続くと........このあたりにマンネリ感の正体があるんじゃないか。

@名無し

それプラス女性向けメロドラマとか?ガンツもいぬやしきも俳優使った
女性向けメロドラマの典型として実写化されたし。
なんか奥の本質ってオカマ臭いというか、女の子が金出してキャーキャ
ー言ってくれることを計算して女性向けトレンディメロドラマ描いてる
気がする。パピコと零の恋愛とか。何度もあるホモネタとか。
そもそも変が女性向けメロドラマ化されてる時点で、そういう路線な気
もするが。とはいえ女性向けとはかけ離れたレイプシーンとかあるから
そうは断言できないけど。

どこへというなら無印味いちの路線に戻りつつの最終回だろうけど
そもそもあと数年で終わる予定っぽかった作品が、原作者が死んだからと20年近く連載続けりゃ
元の路線に戻るのにもかなり無理が……
特にあべ善太氏は間違いなく昭和的価値観の強い人だったし
無印に作風が寄るほど、あと10年早ければと思ってしまう
ただ一時期のなんで味いちでやる必要が?感が無いのは本当に待ち望んでいた感覚

どこへというなら無印味いちの路線に戻りつつの最終回だろうけど そもそもあと数年で終わる予定っぽかった作品が、原作者が死んだからと20年近く連載続けりゃ 元の路線に戻るのにもかなり無理が…… 特にあべ善太氏は間違いなく昭和的価値観の強い人だったし 無印に作風が寄るほど、あと10年早ければと思ってしまう ただ一時期のなんで味いちでやる必要が?感が無いのは本当に待ち望んでいた感覚

どこへというなら無印味いちの路線に戻りつつの最終回だろうけど そもそもあと数年で終わる予定っぽかった作品が、原作者が死んだからと20年近く連載続けりゃ 元の路線に戻るのにもかなり無理が…… 特にあべ善太氏は間違いなく昭和的価値観の強い人だったし 無印に作風が寄るほど、あと10年早ければと思ってしまう ただ一時期のなんで味いちでやる必要が?感が無いのは本当に待ち望んでいた感覚

@ピサ朗

先週やっと無印味いちもんめテイストになったと思ったが今週は全然違う感じになっていましたので疑問が湧いたんです
元の路線戻すとしたら毎回変な彼女を連れてくる会社員をまた登場させてほしい

なんと山口貴由先生がおいでになるようです https://ganmo.j-comi.co.jp/posts/detail/11078

なんと山口貴由先生がおいでになるようです https://ganmo.j-comi.co.jp/posts/detail/11078

@toyoneko

条件 泊まり込みがあるため男性の方を募集いたします。 経験不問。やる気のある方を求めます。

応募条件が「虎子の間」過ぎるwww

なんと山口貴由先生がおいでになるようです https://ganmo.j-comi.co.jp/posts/detail/11078

なんと山口貴由先生がおいでになるようです https://ganmo.j-comi.co.jp/posts/detail/11078

@toyoneko

2021年末か!新連載楽しみだ

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする