グラゼニ~パ・リーグ編~ 1巻
先発投手としての活躍を求め、球界の盟主・文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した凡田夏之介。待ち構えるのは、対戦経験の少ない「パ」の強打者たち! 凡田夏之介(32歳)、人生初のパ・リーグ挑戦が開幕!!
グラゼニ~パ・リーグ編~ 2巻
先発投手としての活躍を求め、球界の盟主・文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した凡田夏之介。待ち構えるのは、対戦経験の少ない「パ」の強打者たち! 凡田夏之介(32歳)、人生初のパ・リーグ挑戦が開幕。ところが、パ・リーグの打者はマジで甘くなかった。手こずりまくる夏之介に、パでの未来はあるのか!
グラゼニ~パ・リーグ編~ 3巻
先発投手としての活躍を求め、球界の盟主・文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した凡田夏之介。待ち構えるのは、対戦経験の少ない「パ・」の強打者たち! 失敗続きの夏之介は、同時期にピッチングコーチとして入団したトクさんにまで迷惑をかけてしまうことに!
グラゼニ~パ・リーグ編~(4)
パ・リーグに移籍した夏之介は大苦戦! 3度の登板で1勝2敗、防御率は7.91と散々な数字。結果、夏之介を起用し続けた首脳陣にまで批判がおよび、夏之介はトクさんとともに二軍行きを余儀なくされる。一足先に二軍に落ちていた印西とともに一軍復帰を目指す夏之介はフォーム改造に着手。参考にしたのは、老山アナの亡き夫、そして恵の父親である鉄至が残したビデオだった……。
グラゼニ~パ・リーグ編~(5)
先発投手としての活躍を求め、球界の盟主・文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した凡田夏之介。待ち構えるのは、対戦経験の少ない「パ・」の強打者たち! 夏之介は、あの手この手で不調から抜け出そうと試みるが、同僚に「お前のボールは死んでいる」と言われ自信を喪失。さらに二軍行きまで命じられてしまう。二軍でフォーム改造に着手する夏之介。その成果は……!?
グラゼニ~パ・リーグ編~(6)
仙台ゴールデンカップスとの3年契約2年目。今年34歳の夏之介もベテランの域。「元・リリーフ」ということもあり、内容を問わず6回でマウンドを降りその後を「アマがき隊」の3人がつなぐ、必勝パターンが定着しつつあった。しかし、好調の要因であったデジタル・デトックスを解除し、スマホに再熱中した布川がプチ炎上。更にスマホの沼にはまっていく。スマホ断ちを貫く薬丸も、新守護神誕生とも言われるほどに結果を残していたが、ついに打たれる。ジンクスはあっさり破られた。ハマった者と断った者は、マウンドで炎上せずに、夏之介を救援できるのか。
グラゼニ~パ・リーグ編~(7)
今年34歳の夏之介は仙台ゴールデンカップスと3年契約の2年目シーズン。プロ通算50勝を達成し、現在シーズン12勝と調子は上々。デジタルデトックスの効果に右往左往されながらも、アマがき隊も徐々に安定してきた様子。チームも、パープルシャドウズと激しい首位争いを繰り広げながらシーズン終盤へ。夏之介、アマがき隊以外にも、ドラフト下位同期から這い上がってきた若手の坪内、扇田がチームの好調を支える。パープルシャドウズの則川も現在12勝。リーグ優勝&タイトル争いから、目が離せない!
グラゼニ~パ・リーグ編~(8)
ゴールデンカップスと3年契約の2年目シーズンを奮闘中。6回まで投げ切りアマがき隊に繋ぐ必勝リレーで勝ち星を重ね、13勝でハーラーダービートップタイ。GCもパープルシャドウズと首位争いを繰り広げながら現在2位につける。夏之介と同じく13勝を挙げている扇田、フェイスガードで今季好調を掴んだ坪内の活躍も光る。一方、北はPS。夏之介の元同僚・エース則川も現在13勝。今シーズン得た新変化球・スプリットを駆使し、目指すは最多勝のみ。右肘には、原因不明の痛みが襲うが…。ペナントレース最佳境。激しい頂上争いの行方は――!
グラゼニ~パ・リーグ編~(9)
34歳・夏之介の、ゴールデンカップス2年目シーズンも終盤へ。チームは1位パープルシャドウズとのゲーム差を1.5として現在リーグ2位。夏之介は現在13勝で、同じく13勝の扇田、14勝の則川と、最多勝争いを繰り広げている。しかし、夏之介と扇田の14勝目がかかった試合でともにアマがき隊の本木が打たれ、2人の「勝ち」は消えてしまう。そして、夏之介は次の登板で1回6失点と自らが大炎上し、また勝ち星付かず。GC・PSの直接対決も含め、残すところあと5試合。夏之介に、本木に、コーチ陣はマウンドを任せられる?どうなるシーズン最終幕!!
グラゼニ~パ・リーグ編~(10)
GCに移籍して来て2年目、夏之介は先発の柱として貢献していた。チームは、シーズン最終局面に来て首位PSと熾烈な優勝争い真っ最中。迎えた最終戦、GCが勝ち、PSが負けた場合にのみGCは優勝できる。PSはパ・リーグ特有の移動の疲れもあり初回からボロボロ。GCは、先発の扇田が1点リードのまま4回でマウンドを降り、夏之介がリリーフで5回・6回を登板。6人でぴしゃりと抑えそのまま逃げ切り、見事リーグ優勝を果たした。夏之介と扇田は最多勝を獲得。最多本塁打の坪内、最多セーブの薬丸と、最優秀中継ぎの本木。昨年最下位だったGCから、5人のタイトルホルダーが誕生した。CS制覇、そして日本一を目指して。夏之介、34歳の大勝負!
また読みたい
フォロー