あらすじ

復讐者たちから大切な人を守るため、悠介は再び悪魔の仮面を被る。その身体のどこにも、もう悪魔は棲みついていなかったのに……。絶望を抱えたまま悠介は、少女に手を引かれ、その町に至る。探していた物語は、そこにあった。━━記憶は。生々しい匂いとともに甦る。