あらすじ

「知覚の扉」の向こうに隠されていた秘密にティオキアが触れたとき、闇が広がり、魔物たちが解き放たれた。地の底から放たれた魔物たちは、森を越え山を越えてその影響を及ぼさんと駆けめぐる。おさない「悪」しか知らぬ人間たちの心に本物の「憎悪」と「悲惨」を植えつけるために。変化が訪れる――ルキシュに、ティオキアに、世界に――。