あらすじ

記憶を失ったユリウスはユスーポフ候を頼りに生きていた。いつしかユスーポフ侯はユリウスに特別な感情を持ち始める。一方、苛酷な獄中生活の中で、一度は死まで決意したアレクセイだったが、同士の励ましで希望を持つ。遠く離れたシベリアにも同士から脱獄の用意があると知らされたアレクセイたちは、少しずつ準備を進めていた。