男装して生きたユリウスと、ロシア革命を生きたクラウス、その周囲の人々の劇的な愛の物語で、その臨場感と高揚感、ロシア革命がどんなものであったかなど、半端なく感情移入してしまう物語です。歴史のうねりの中で一人ひとりが一生懸命生きていたことに強く感動しました。

映画のような劇的な愛と歴史の物語にコメントする
『オルフェウスの窓』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ