あらすじ

イザークのデビューは大成功をおさめた。イザークと共同でリサイタルを開くことになったロシアの新進バイオリニスト、アナスタシアは実はロシアの地下組織のメンバーだった。ドイツからイザークを追ってきたロベルタは、アナスタシアの落としたメモを拾い、スパイ容疑で捕まってしまう。ロベルタはイザークをかばい、嘘をついて罪を認めたのだが…