icon_reread
また読みたい
フォロー
1・2の三四郎(1)
日本一の闘魂男、東三四郎登場!!ラグビー部を追われた三四郎は、レスリング部の西上馬之助、空手部の南小路虎吉、転校生・北条志乃と4人で、廃部寸前の柔道部を格闘部として再生することになった。県下一強いラグビー部は、学園内でも女の子たちに騒がれる人気クラブ。三四郎がラグビー部を追われたのには、ある理由があった。
1・2の三四郎(2)
三四郎はある事件がきっかけでラグビー部を追い出されたが、現在のラグビー部のキャプテン・飛鳥純と同等かそれ以上の実力を持っていた。そして、三四郎率いる格闘部が、ラグビー部とクラブ祭でラグビー対決をすることになった!!しかし、格闘部はメンバーすら集まっていない。三四郎たちの必死な努力は果たして実るのか!?
1・2の三四郎(3)
格闘部がラグビー部とラグビー対決をするクラブ祭の日がついにやってきた。ラグビー対決の前にもリレーや二人三脚などで両部のプライドを賭けた戦いが繰り広げられる。ついに残すはラグビー対決のみ!!格闘部は、三四郎や他のスポーツでインターハイ出場者2名を擁するが、やはり寄せ集め集団だった。果たして勝負の行方は…!?
1・2の三四郎(4)
格闘部対ラグビー部の試合の前半終了直前、三四郎の強烈なハンドオフで部員が故障する。三四郎のラグビー部退部の原因となった宇ノ井だった。PTA会長によって試合中止の危機となったが、宇ノ井の告白により、三四郎の濡れ衣は晴らされる。誤解のとけた両部の全面対決、残り時間はあとわずか、三四郎決死のトライなるか…!?
1・2の三四郎(5)
修学旅行先で出会った志乃のあこがれの人・亜星健は、柔道の県大会2年連続優勝者だった。一方、ラグビー部へ戻ってほしいという誘いを断った三四郎は、格闘部の部長として活動を続けることになった。三四郎たちは市民大会で柔道デビューを果たすこととなる。初めての柔道の試合にとまどう三四郎たちは、どこまで勝ち進めるか!?
1・2の三四郎(6)
三四郎たちにとって最後の総体が目前に迫り、インターハイ選手の参豪の指導のもと、柔道の特訓が始まった。たった1ヶ月で、素人チームが県大会で優勝しようというのだから、並大抵の特訓ではない。持ち前の負けん気でめきめきと上達していく三四郎たちは、2週間で参豪と互角の力をつけ、他校の柔道部へなぐりこみ特訓を始める!
1・2の三四郎(7)
三四郎たちにとって最後の公式試合となる総体の日がやってきた。しかし初出場となる天竜学園は、1回戦の前に予選を勝ち抜かなければならない。予選1回戦で天竜学園の実力を見た極勉高校は試合を放棄。天竜学園は見事予選を勝ち上がり、1回戦の相手は地区でベスト8の藤見高校!三四郎たちはどこまで勝ち抜くことができるのか!?
1・2の三四郎(8)
重量級をそろえた藤見高校だったが、天竜学園の前に敗退。総体もクライマックスに突入し、三四郎たち格闘部はベスト4に進出した!これからの相手はいずれも強敵ばかり。準決勝、前回大会優勝の明新高校を相手にどんな戦いを見せるのか!?先鋒の三四郎はいきなり場外に投げ飛ばされ、一方的な試合になると思われたが…!?
1・2の三四郎(9)
優勝候補の明新高校を相手に2対2まで試合を進めた天竜学園。大将決戦で参豪は大逆転勝利をおさめ、ついに優勝決定戦へと駒を進める!優勝の前に立ちはだかる最大の敵、それは亜星も実力を認める超高校生・黒崎高校の柳政紀だった。先鋒、三四郎の相手はその柳!白帯ばかりの初出場校は最初で最後の公式戦を優勝で飾れるか!?
1・2の三四郎(10)
三四郎たちにも卒業後の進路を決める日が近づいていた。三四郎は就職しようと考えていたが、皆からの励ましもあり、子供の頃からの夢であるプロレスラーになることをついに決心した!新東京プロレスの入団テストを受けるために上京した三四郎たちは、悪役レスラー・桜五郎と出会った。そして、桜に強く惹かれた三四郎は…!?