icon_reread
また読みたい
フォロー
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(1)
時速3万円!! フリー雀荘には必勝法がある――。リアル麻雀ギャンブル漫画最前線!! 認めさせろ、誰が一番強いかを!! 欲するのは、日本全国から猛者が集まる歌舞伎町での最強の称号!! 強さのみを武器にこの密林を制せ!! 特別収録!! トップ麻雀プロ“魔神”渋川難波の麻雀戦術、収録!! 麻雀強者の集う歌舞伎町で打ち始めたネット麻雀の強者・桐谷鈴司。彼の最先端のネット戦術はリアルでも勝ちを積み重ねる――。そんな折、ある目的のため、桐谷は歌舞伎町最強を目指すことを決意。猛者たちが集まる新宿・歌舞伎町。高い壁が桐谷の前にそびえ立つ!!
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(2)
麻雀界一、麻雀狂が集まる歌舞伎町を制覇しろ!!日本全国から強い打ち手が集まる新宿・歌舞伎町で"一番強い麻雀打ち"そう噂されれば代打ちへ道が開く――。ネット麻雀の強者・桐谷鈴司が大金を掴むため選んだ道は壮絶な麻雀の戦いだった――。歌舞伎町にある5つのピン雀荘を制圧するため、向かうは「カブキング」!!
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(3)
新宿・歌舞伎町――。そこは最強の打ち手が日本全国から集う場。ネット麻雀の強者・桐谷鈴司は“一番強い麻雀打ち”を目指し、歌舞伎町の制圧に動き出した。だが、彼の前に立ちはだかるは最強だけではなく、最狂、最凶の雀ゴロ。闇に潜む歌舞伎町の暗部が桐谷に牙を剥く――!!
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(4)
“一番強い麻雀打ち”という称号を求め、ネット麻雀の強者・桐谷鈴司が向かうは、日本全国から最強の打ち手が集う新宿・歌舞伎町――。より強き敵を求め桐谷が辿り着いた先は真の歌舞伎町の闇だった。マナ悪雀荘を根城とし、そこに巣食い続ける雀ゴロを前に桐谷は――!?ネット麻雀VS闇の歌舞伎町麻雀 相反する戦術が邂逅する――!!★単行本カバー下イラスト収録★
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(5)
“一番強い麻雀打ち”という称号を求め、ネット麻雀の強者・桐谷鈴司が向かうは、日本全国から最強の打ち手が集う新宿・歌舞伎町――。そこで出会う新たな敵は、歌舞伎町の闇に巣食う猛者だった。闇の中で生き続ける男、そして、その男を倒そうと一生を捧げる若者。抑えきれぬ想いは卓上で絡み合う―――!?麻雀に捧げた人生に悔いなし。ネト麻最高位VSリアル雀ゴロ!!★単行本カバー下イラスト収録★
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(6)
“一番強い麻雀打ち”という称号を求め、ネット麻雀の強者・桐谷鈴司が向かうは、最強の打ち手が集う新宿・歌舞伎町。そこでの敵はその闇に巣食う猛者だった。卓上に生き甲斐を見い出し、牌でしか己を表現できない者たち。自分だけのために打つ強さと誰かのために打つ強さ……、相反する力が卓上を滾らせる。世界にはまだ想像以上の衝撃が。闇の無法麻雀で光を得る者は…。★単行本カバー下イラスト収録★
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(7)
“一番強い麻雀打ち”という称号を求め最強の打ち手が集う歌舞伎町制圧に挑むネット麻雀の強者・桐谷鈴司。歌舞伎町に巣食う猛者たちを次々と倒し会員制高レート雀荘の入会試験にまで辿り着いた桐谷を待ち受けていたのは、雀ゴロを忌み嫌う店長――。そして彼が仕掛ける雀ゴロ殺しの鳴き制約麻雀だった。最大の武器を奪われた雀ゴロ。卓上での生き残る術は…。★単行本カバー下イラスト収録★
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(8)
代打ちとなり大金を得るため、“一番強い麻雀打ち”の称号を求め、歌舞伎町制圧に挑む桐谷鈴司。次に選んだ闘いの舞台は、歌舞伎町会員制高レート雀荘だった。雀ゴロを憎む店長による鳴き制約麻雀に羽ばたく翼を奪われた桐谷は…。裏勝負の世界で喰われる弱者そして生き残る強者を分かつモノは。そして、強い者だけが見ることを許される景色とは――。雀ゴロが王様になれる唯一の場卓上を支配し栄冠を得る者は!?★単行本カバー下イラスト収録★
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(9)
代打ちとなり大金を得るため、“一番強い麻雀打ち”の称号を求め、歌舞伎町制圧に挑む桐谷鈴司。3店舗の制圧に成功した桐谷に突きつけられた代打ちへの近道、それは「新宿東風戦最強決定ペナントレース」の優勝だった。だが、そこで桐谷を待ち受けるのは、猛者中の猛者・歌舞伎町の獣達――。己の全てを磨き、注ぎ込んでも実らない麻雀の理不尽――。それでも男たちは歩みをやめない。何を選べば女神は微笑む…?何を突き詰めれば勝利は…?★単行本カバー下画像収録★
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(10)
未知なる代打ちの世界への切符、“一番強い麻雀打ち”の称号を求め、歌舞伎町制圧に挑む桐谷鈴司。そんな折に突如湧いた代打ちへの近道、それは「新宿東風戦最強決定ペナントレース」優勝の称号だった。過酷なレースで桐谷は決勝に進むが、天須、毒郎、甘粕という最高峰の打ち手がそれぞれの想いで桐谷の前に立ちはだかる。そして闘いは最終日へ――。ラストたった一日の闘いが男たちの一生の明暗を分ける。苦しくて辛くてしんどくて…それでも牌を握る闘いの行方は。★単行本カバー下画像収録★