ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『打姫オバカミーコ』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
打姫オバカミーコ
打姫オバカミーコ
片山まさゆき
片山まさゆき
あらすじ
世間とずれた生活を送る麻雀プロ。かつて、JMPリーグ風王位戦の覇者となった波溜もそのずれを埋めることができず、プロの世界から離れることを決意する。が、そこに、ひとりのオバカが現れた。オバカはオバカなりに必死に強くなろうとしていた。オバカな女性麻雀プロが波溜に喝を入れる!!
打姫オバカミーコ 1巻
世間とずれた生活を送る麻雀プロ。かつて、JMPリーグ風王位戦の覇者となった波溜もそのずれを埋めることができず、プロの世界から離れることを決意する。が、そこに、ひとりのオバカが現れた。オバカはオバカなりに必死に強くなろうとしていた。オバカな女性麻雀プロが波溜に喝を入れる!!
打姫オバカミーコ 2巻
女流麻雀プロの世界は慈愛と友情に満ちた世界……んなわけない。我鷹のハーレムと化した女流プロ麻雀界にまぎれこんだひとりのおバカ。なにがなにやらわけが分からないうちに女の闘いに巻き込まれる。でもやっぱりおバカだからわが道を行くのだった。波溜師匠、お導きを!!
打姫オバカミーコ 3巻
おばかが調子に乗っている。師匠の教えが効いた。否、聞いてなかったのに。調子に乗りついでにおばかがテレビに出る。ピンチヒッターながらブラウン管に写る。師匠、しっかり牌譜採ってくださいね。我鷹の琴線はピリピリ震える。あの手この手での嫌がらせも気にしない。だっておばかなミーコだもん。
打姫オバカミーコ 4巻
なぜか人気が出てしまったミーコ。とーぜん、やっかみの嵐は東西南北から押し寄せる。めげない、負けない、へこたれない。雀力は、はなはだ怪しいが、おばかのパワーを侮るな。しかも師匠がいつも見守ってくれている。え、見守っているだけですかー。ミーコのピンチ、早く来てください。最ソッコーで駆けつけてください!!
打姫オバカミーコ 5巻
競技麻雀プロの世界は人間関係と権力闘争で面倒くさ。女子プロの世界はさらに複雑怪奇。おばかなミーコには難しすぎます。ラッキーとアンラッキーはあざなえる紐のごとし。あれ、縄だっけ。ラッキーだけがいいミーコはしょげちゃいます。でもやっぱり麻雀は好き。どんなことがあっても麻雀を愛してます。いつの日か師匠とふたりででっかい花火をドッカンバリバリと打ち上げてみせます。
打姫オバカミーコ 6巻
知らず知らずのうちに強くなっていたミーコ。女子プロの仲間たちも認めてくれるようになりました(あ、一人を除いてね)。全て師匠のアドバイスのおかげです。お礼にミーコの手料理を召し上がれ。ちょっと、なんですかその顔!!
打姫オバカミーコ 7巻
女流リーグ戦決勝卓になぜかおばかなミーコがいます。対戦相手は…両親と絶交してまで麻雀界に入った恭子ちゃん。勝つための執念は鬼神も呆れる猟子ちゃん、それに天才寧香さん。私なんかとても太刀打ちできません。でも…私には師匠がいる。それに…あれ…あれあれ、師匠おお~ミーコ勝っちゃいそうですうう~。
打姫オバカミーコ 8巻
「もうTVで女子プロの対局流すのやめなよー!!」「おまえら麻雀界にいらない!!」「おまえらぶっつぶす」芸能界で麻雀の実力随一の存在館有人。麻雀を愛するあまり女子プロ撲滅宣言を叫んだ。あれええ~なんでミーコに指さすんですかあ。わたし女子プロの末席でいじましくしてますう~。
打姫オバカミーコ 9巻
女子プロを蛇蝎のごとく嫌う存在館有人。女子プロ撲滅宣言の挑発にのった女子プロたち。馬杉寧香、宝生れいら、反田猟子、今井恭子、柚木リサは怒り心頭に発している。芸能人との対局に向かう5人。あれ、わたしも頭にきてるんです。ミーコも闘います!!6人の怒れる女子プロ軍団、いざ!!
打姫オバカミーコ 10巻
なぜかミーコは女流風王位戦の決勝の卓に座っています。“なぜか”じゃありません!!才能と努力と師匠の教えの賜物です。おもに才能ね。あと、ほんのちょっぴりの運と。見ててください師匠。その瞬間を。栄光を手にする和了を!!
打姫オバカミーコ 11巻
大麻王戦の決勝卓でミーコと師匠は私有地を争うことになりました。あれ、違う違う。雌雄を決するのです。ん~かっこいい~!!「雌雄を決する」このフレーズ。一度言ってみたかったの。メスとオスを決めるのですうう。もちろん私はオスとなって師匠を喰らうのじゃあ!!でもちょっと複雑。もちろん勝ちたいけど師匠にも勝ってもらいたい。悩ましい戦いです。
打姫オバカミーコ 12巻
ミーコにも弟子ができました。蒼尻つぼみ。ピュアと言うか、空気読めないというか、ちょっと困った子ちゃんです。女流リーグを勝ち上がってきてこともあろうにこの現風王位ミーコ様と決勝で闘うことになりました。他の二人は更科香月さんと、もちろん馬杉寧香さん。誰が見たって寧香さんが最有力。師匠!!土壇場でアドバイスを!!即効性のあるやつを是非!!
打姫オバカミーコ 13巻
フリー麻雀の店長を任されたミーコ。来るわ来るわの千客万来!!とはいかないけれどがんばっています。ついでにメジャーデビュー!!と言ってイチローとプレイするわけじゃない。ユニットを作ってもらって歌手デビュー。恋は満面摸~!お次は鳴き麻雀のテクニシャンがミーコの前に立ちふさがる。毎日毎日急がしすぎてミーコは楽しそう。
打姫オバカミーコ 14巻
ネット麻雀の帝王、リアル麻雀に参上!!超デジタル麻雀に翻弄されるアナログ派。ミーコはもちろんぼんやりアナログ派。なんとなくデジタルのほうが頭よさげ。どうせ私は旧時代のアナログです。れいらさんはベテランアナログす。え、一言多いって。ごめんね、ごめんね~。
打姫オバカミーコ 15巻
「麻雀って底なしに深いんです」「私だけの一打」これを探求するのが寧香さんの麻雀道。ん~素敵な言葉だわ。オリジナリティある一打ってことね。巧い、強いだけじゃなくて妙味のある麻雀。深淵で孤高でユニークな麻雀。このユニークなら私の得意分野!!――何はともあれ――第8期女流リーグ決勝。チャンピオン馬杉寧香に挑戦するのは反田猟子、犬吠埼春菜…そして、丘葉未唯子!!ミーコと波溜、二人三脚で登った坂道の上には真っ青な空が広がっていた!!最終巻!!
打姫オバカミーコの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
ぎゅわんぶらあ自己中心派

ぎゅわんぶらあ自己中心派

心地良い連続音と共に、やってきました持杉(もちすぎ)ドラ夫(お)!!次々と現れる迷走雀士をものともせず、タタンタタンタンタン♪とサンバのリズムに乗って華麗に牌(パイ)を引く姿は、もはや麻雀が芸術の域まで達したような(!?)錯覚すらおぼえてしまう。息もつかせぬギャグの嵐があなたを襲う!世紀のバトルロイヤル開始!これぞ、麻雀漫画の真骨頂!!
牌賊!オカルティ

牌賊!オカルティ

カリスマ雀士・梨積港(りつみみなと)を筆頭に麻雀界のタイトルを次々と制覇していく頭脳派集団「デジタルクルーズ」!!そしてそのデジタル旋風が吹き荒れる麻雀界に「オカルトシステム」を操る謎の男・群鴎刈人(むれおかると)が殴り込みにやってきた!頂上を目指す若手プロ・朧夏月(おぼろなつき)は、両者の間で揺れ動く!!

おすすめのマンガ

アカギ

アカギ

雨降る場末の雀荘に迷い込んだひとりの少年。それまでの短い人生をいやが応にも人に想像することを強いる真白な髪、その目の奥は底なしの闇――彼の名はアカギ。後に神域の男と呼ばれ、裏社会に伝説をつくった男――あの赤木だった!!
天

顔に無数の傷をもつ男――天。見かけの豪放さとは違い彼の打つマージャンは繊細で思慮深い。権謀術数の卓上に彼の不敵な微笑が浮かぶ。ある日、なじみの雀荘のピンチを聞きつけた天はその店へとおもむく。しかしそこにいたのは、まだあどけなさの残る若者ひろゆきであった。
銀と金

銀と金

裏社会で頭脳と心理戦を駆使して巨万の富を得ていく男達の活躍を描いた賭博コミック。競馬でスッカラカンになってしまった森田鉄雄(もりた・てつお)は、平井銀二(ひらい・ぎんじ)に声をかけられ、日当10万円の仕事を持ちかけられる。そして翌日、みかん箱10箱を運んだ森田は、その箱の中には不正融資で得た10億円が入っていると平井から知らされて……!?
咲-Saki-

咲-Saki-

人気絶頂の本格美少女麻雀物語(ガールズマージャンストーリー)!!時は21世紀…。麻雀の実力が人生を左右する時代に、二人の天才女子高生が舞い降りる。毎局プラスマイナスゼロで和了(アガ)る少女・宮永咲。全国中学生麻雀大会個人戦優勝者・原村和。互いの生き様が交わる時、熱き物語の幕が上がる――!!
麻雀飛龍伝説 天牌

麻雀飛龍伝説 天牌

麻雀を愛する想いは誰にも負けない――!!天性の強運と感性を武器に、牌と共に生きる決意をする沖本瞬!!かつての同級生たちが社会と折り合いをつけて生きていく中、彼はひたすらに、ひたむきに、卓上の闘いへと身を投じていく!!「俺は一体、どのくらい強いのか!?」…今、激しい伝説の幕が上がる!!
むこうぶち 高レート裏麻雀列伝

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝

“むこうぶち”―――それは、一匹狼の真のギャンブラーを意味している。新宿、赤坂、六本木――、東京深奥部のマンションや雀荘に、高レートの場が乱立した1980年代。そこに、冷酷非情な伝説の強者・傀がいた!今日もまたギャンブルに狂った男たちが全てを失い、消えていく――。
哭きの竜

哭きの竜

鳴くと必ず和了る男がいる。男の名は竜。鳴くことで運を引き寄せ、勝負に勝つ。そんな竜の強運を手に入れようとする男たちがいた。桜道会―― 関東一円に勢力を持つ東日本最大の広域暴力団。その一翼を担う甲斐組組長・甲斐正三もその一人だった。抗争が激しさを増すなか、甲斐は竜の強運を自分のものにしようとするが…!? 竜を手に入れようとする男たちの熾烈な戦いの幕が、ここに切って落とされる…!! ※こちらの作品は、以前配信しておりました『哭きの竜』の新装版です。重複購入にご注意ください。
凍牌(とうはい)

凍牌(とうはい)

どうしたのオジさん、震えてるよ――。金、女、臓器…、欲望蠢く裏レート雀荘を荒らし回る男がいるという。その男、いまだ少年にして、冷徹なる思考、冷艶なる打牌、裏世界からは<氷のK>と呼ばれているが、自宅には少女を飼っていると噂される…。不確実(スリル)を楽しんでこそギャンブル!裏レート麻雀闘牌録!