icon_reread
また読みたい
フォロー
銀と金(1)
裏社会で頭脳と心理戦を駆使して巨万の富を得ていく男達の活躍を描いた賭博コミック。競馬でスッカラカンになってしまった森田鉄雄(もりた・てつお)は、平井銀二(ひらい・ぎんじ)に声をかけられ、日当10万円の仕事を持ちかけられる。そして翌日、みかん箱10箱を運んだ森田は、その箱の中には不正融資で得た10億円が入っていると平井から知らされて……!?
銀と金(2)
「コマで死ぬより、人で死ねっ……!」――。日本旭との仕手戦を制するために、帝日銀行頭取・土門(どもん)、国会議員・海堂(かいどう)、丸双不動産社長・丸石(まるいし)の密談をテープにおさめた平井銀二(ひらい・ぎんじ)。しかしその後、平井達は拉致されてしまい、テープを託された森田鉄雄(もりた・てつお)だけが逃げ延びて……!?
銀と金(3)
「オレは悪党になる……!」――。組事務所に捕らえられた猟奇殺人犯・有賀(ありが)を見張ることになった森田鉄雄(もりた・てつお)。しかし、隙をついた有賀が組員を皆殺しにして、森田に襲いかかってくる。そこで、有賀と向き合って闘おうとする森田だったが、油断したところをメッタ刺しにされて……!?そして、平井銀二(ひらい・ぎんじ)と別れた森田は……!?
銀と金(4)
「オレは『金(キン)』と呼ばれたい」――。画商・中条(なかじょう)と時価6億円のセザンヌの絵画を賭けて、真贋を見極める勝負をした森田鉄雄(もりた・てつお)は、心理戦に勝利して2億円を手に入れる。そこで、相棒の川田(かわだ)から甘さを指摘された森田は、金に目がくらんだ川田が恐ろしい悪事に手を染めていくのを目の当たりにして……!?
銀と金(5)
「オレが牙……おまえの強運が翼……」――。一流企業の御曹司である西条(さいじょう)ら三人組と、大金を賭けたポーカー勝負をすることになった森田鉄雄(もりた・てつお)。その賭け金はどんどん吊り上がって9億円になり、弱気になった西条は勝負を降りようとするが、森田は勝負を決めようと持ちかける。その時、森田の手札では負けないことをイカサマで知っていた西条は、勝負を受けるが……!?
銀と金(6)
「死ぬことを決意しろ…!道はそこから開かれる…!」――。怪物・蔵前(くらまえ)と500億円を賭けた誠京麻雀に臨んだ森田鉄雄(もりた・てつお)。負ければ蔵前に飼われることになる森田は、その真剣勝負に徐々に追いつめられていく。そして、休憩時間に平井銀二(ひらい・ぎんじ)から「死ね……!」と忠告された森田は……!?
銀と金(7)
「まったく私のような悪人が、ほれぼれするほどの悪党ぶり――」。誠京麻雀で蔵前(くらまえ)に勝利した平井銀二(ひらい・ぎんじ)は、民政党の大物・伊沢(いざわ)と面談して資金援助を申し出る。そして、伊沢から政治改正法案を反対する議員の説得を依頼された平井は、ニセ書状を使って順調に仕事を終了する。しかし、政治改正法案はあっさり否決されてしまい……!?
銀と金(8)
「たったひとつの命は……張って死ぬ……!」――。地方都市を牛耳る神威一族の長・秀峰(しゅうほう)を救い出すことになった森田鉄雄(もりた・てつお)。しかし森田は、家長権を巡る秀峰とその息子たち三兄弟の争いに巻き込まれてしまい、相棒だった看護師・田中(たなか)の裏切りも発覚する。このままでは自分たちの命も危ないと察した森田たちは……!?
銀と金(9)
「殺し合え鬼ども……おまえら、もともと鬼じゃないか……」――。松井組組員をすべて殺し、神威家の皆殺しを宣言した殺人鬼の正体は四男・勝広(かつひろ)だった。森田鉄雄(もりた・てつお)は、勝広を救いたいと考えて必死の説得を試みる。しかし勝広は、その隙に襲いかかった三男・勝幸(かつゆき)を射殺して、森田さえも信用しなくなる。そこへ、勝広の協力者である五男・邦男(くにお)が現れて……!?
銀と金(10)
「あの人は……オレにとって、あまりに特別だった……」――。「神威」の惨劇を契機に引退を決意した森田鉄雄(もりた・てつお)。そして時は流れ、競馬場に現れた平井銀二(ひらい・ぎんじ)は、競馬ジャンキーの若者・川松良平(かわまつ・りょうへい)に声をかける。「変わりたかったらオレに続け」と誘われてトラックの荷台に乗り込んだ川松は、そこで300億円の現金を……!?