icon_reread
また読みたい
フォロー
天(1) 天和通りの快男児
顔に無数の傷をもつ男――天。見かけの豪放さとは違い彼の打つマージャンは繊細で思慮深い。権謀術数の卓上に彼の不敵な微笑が浮かぶ。ある日、なじみの雀荘のピンチを聞きつけた天はその店へとおもむく。しかしそこにいたのは、まだあどけなさの残る若者ひろゆきであった。
天(2) 天和通りの快男児
卓上の張りつめた虚虚実実の闘い。敵の裏の裏を読み、またその先を推理する。全身を鋭利な刃物のようにして考え抜く。顔に多くの傷をもつ男――天。彼のマージャンは至高の闘牌。代打ち勝負に身を投じたひろゆきであったが惨敗。交替で入った天が仇をとるも、伝説の打ち手・赤木の登場により、天は苦戦を強いられる。
天(3) 天和通りの快男児
赤木との対決は天が辛くも勝利をおさめた。一方、ひろゆきは大阪の地で麻雀東西対抗戦の話を聞き、東軍のリーダーに会うのだが、そこにいたのは…!?
天(4) 天和通りの快男児
天は西軍との対抗戦に備え、メンバーを捜すも苦戦。やっとの思いで赤木を始め強力な八人をそろえた。「くそみたいな配牌が役満をテンパったような気分だ…」
天(5) 天和通りの快男児
東西対抗の初戦。西の実力者・僧我のまえに手も足もでない東軍であったが、そこに赤木が名乗りをあげた。東西頂上決戦が早くも勃発!敵、味方、絡み合った卓上に妙手、巧手、鬼手が飛び交う。その手練手管の自刃の中、天の機略いかに!?
天(6) 天和通りの快男児
残り決勝へのイスはあと二つとなった。西軍は天の決勝進出を阻止すべく、天対策の切り札・尾神をぶつける。尾神の目的はただひとつ。天を倒す、それのみ…深海の怪物のように不気味に襲いかかる!!
天(7) 天和通りの快男児
最後の決勝進出者をかけた半荘。ひろゆきの鷲尾へのアシストぶりに、誰もが東軍の作戦を確信していた。ただ一人ひろゆきをのぞいて…。絶体絶命のひろゆきの奇策いかに!?無法ぎりぎりの攻防!!東西対決、水火も辞さず!!
天(8) 天和通りの快男児
必死の思いで決勝へと進んだひろゆきであったが、西軍の格好の的にされてしまう。そんな中、銀次は必殺のガン牌で西の頭・原田をあと一歩まで追いつめる。
天(9) 天和通りの快男児
点棒がなくなった者から脱落というルールの中で、ひろゆきは東軍の足を引っ張り始める。しかし、極限状態をむかえたひろゆきは打ち手としてついに開眼する。西も東も智力、体力、精神力、限界の闘い!!もはや理では凌ぎきれない。生き残るためには切っ先勝負!!
天(10) 天和通りの快男児
「俺は赤木しげるとして勝ち、負けたいのだ…」偶発的に起きたトラブルにより、赤木は敗北を認め、席を立った。自らの信念を貫き通すため。