また読みたい
フォロー
雨降る場末の雀荘に迷い込んだひとりの少年。それまでの短い人生をいやが応にも人に想像することを強いる真白な髪、その目の奥は底なしの闇――彼の名はアカギ。後に神域の男と呼ばれ、裏社会に伝説をつくった男――あの赤木だった!!
生命を賭けたヤクザとの麻雀勝負に敗れかけていた南郷の前に現れたアカギ。ヤクザは代打ち・矢木を立てるが、アカギはあっさり撃破。その前に現われた新しい雀士とは…。
裏麻雀界の実力者・市川は盲目の雀士。だがそのハンデを感じさせない実力の持ち主だった。ところがアカギは、その市川の想像を超えた闘牌で勝利をものにする。
あの伝説の対局から5年。不良刑事・安岡は行方不明のアカギを見つけ出し、ヤクザの代打ちとして売り込んだ。遥か上空から急降下し、その虚飾の衣をはぎとる!!
ニセアカギと浦部の勝負。アカギは一目で浦部のほうが格上であることを見抜き、事実そのとうりになる。そして対浦部に本物のアカギが立ち上がった!!
全身から炎を噴かんばかりに殺気立つ。その燃え立つかたまりを冷やかに見つめる目があった。――彼の名はアカギ。トップで逃げを図る浦部。オーラス、アカギは逆理の闘牌で浦部から直撃を取り、勝利をものにする。その秘密とは?
浦部との闘いから1年。ニセアカギが死体となって発見された。莫大な金と引き換えに、若者の命を賭けさせるモンスターがいたのだ。魔物の口から発っせられる狂気という名の業火。火災の中で不敵に微笑むひとりの白髪の少年、アカギ。新たな闘いが始まる。
殺人鬼・鷲巣を倒すため、不良刑事・安岡とヤクザの仰木はアガギにモンスター狩りを依頼する。「奴こそ、この物憂い日常に終わりを告げてくれるのかもしれない」不敵な微笑をうかべた白髪の男、アカギ!!その勝負は、生き血をかける争いだった。
得体の知れない不気味な獣。後に裏社会で神域の男と呼ばれる男、赤木しげる。生き血を賭けた鷲巣麻雀が始まった。一回でもトップを取られれば死という麻雀、アカギはそんな恐怖を感じさせないがごとく、大胆な闘牌で一回戦を勝利する。
マンガンを放銃すれば即死。そんな状況にいたってもアカギは血液を補給しようとしない。そんな狂気の闘牌に鷲巣が崩れ始める…。