icon_reread
また読みたい
フォロー
ADAMAS(1)
ダイヤモンドの名前の由来“ADAMAS(アダマス)”、その言葉の意味は「(何事にも)屈しない」ということ――。宝石に関する特殊能力を持つ“宝石使い(ジュエルマスター)”流崎麗華(りゅうざきレイカ)。宝石の声を聴き、宝石を通じて人間の行動をも征服してしまう奇跡の力を駆使し、闇の組織“シャニ”の陰謀により行方不明となった父を捜すため、彼女はダイヤモンドシンジケートの依頼を受け、今日も任務に向かう!!
ADAMAS(2)
「すべてを見切る眼差し」“緑玉使い(エメラルドマスター)”エスメラルダ=ランジェ登場!エジプト、台湾、ハワイ――。冒険は世界を巡る!!行方不明の父を捜すために世界中を飛び回る“宝石使い(ジュエルマスター)”流崎レイカ(りゅうざきレイカ)は、カイロの空港で謎の美女に遭遇。さらに台湾で休暇中のレイカの前に再び現れた彼女の口から、闇のダイヤモンドシンジケート・シャニと父の名前が……!!この碧眼の美女はいったい何者なのか!?
ADAMAS(3)
旧流崎(りゅうざき)邸に越してきたのは自分がルビーの“宝石使い(ジュエルマスター)”ということを知らない少女だった――。ルビーに愛されし少女、谷(たに)ヒロミ・ラトラナジー登場!!シャニが利用しようとしている紅玉使い(ルビーマスター)の様子を探るため、レイカは元自宅に潜入するが……!?復讐に燃えるジェイキンズ博士の暗躍にジェネラル・ジンの再登場。レイカの力を狙うシャニの野望は加速していく!!
ADAMAS(4)
まだ中学生のヒロミと浪費癖のあるエスメラルダをまかないながら、小さなボロアパートで極貧な生活を送るレイカ。そんなレイカたちの前に突然ジェネラル・ジンが現れ、ある女性を連れ戻してほしいと依頼する。ターゲットの名はサエコ・ミレイ。なんとジンの元パートナーにしてサファイアの“宝石使い(ジュエルマスター)”だという!独特な雰囲気を漂わせながら登場した彼女は、果たして敵か、それとも――!?
ADAMAS(5)
謎めく能力をあやつる最強の“宝石使い(ジュエルマスター)”ジェネラル・ジン。その秘密の一端がついに明らかになる!!――依頼を受けたマカオのカジノで待っていたのは、ジェネラル・ジンとの直接対決!さらに少年兵問題などを含む、宝石界の闇・紛争ダイヤを描いたシリーズ最大の戦いも収録!!セクシー美女が宝石のパワーで裏社会の悪人どもを退治する!痛快なストーリーにはまること間違いなし!
ADAMAS(6)
新たなる“宝石使い(ジュエルマスター)”襲来!!トパーズとブラックダイヤがレイカを襲う!!――謎に満ちたウィルスングループが、シャニの鉱山へと牙を剥く!幹部として姿を現したのは、ブラックダイヤの“宝石使い”ニコライ・ルーシ。ジェネラル・ジンの過去を知るニコライの正体とは!?
ADAMAS(7)
エスメラルダの母であり、レイカの父の行方を知る女性、マリー・ランジェ登場!!ジェネラル・ジンをも退ける水晶の宝石使いの実力とは!?その他、美容と収入に悩むエスメラルダの苦悩を描く「アイオライトの導き」、ヒロミの高校文化祭で起きた事件を描く「ファントムくんの憂鬱」、南洋でふたたび対峙するウィルスン・グループの企みを描く「ローズと蛇紋石の魔女」等、4エピソード11話を収録!!
ADAMAS(8)
7巻に続きドラバイト共和国編は宝を探してレイカとカルメンの恋敵(?)コンビがケープダイビングに挑みます。次々と明らかになる宝石使いの秘密、レイカにとって衝撃の真実が知らされる微笑みの国タイ編も収録。見逃せない展開に加えロマンスもあり。とにかく大注目!!
ADAMAS(9)
ジェネラル・ジンの過去「ロシア編」、そして衝撃の急展開!!ジンの口から語られるニコライとの出会いと知られざる過去。己のすべてをさらしたジンをレイカは受け入れ、婚約を決意する。一方、三賢人の秘密を狙うニコライは、驚くべき計画を実行に移そうとしていた。さまざまな思惑が入り乱れ“宝石使い(ジュエルマスター)”たちの激闘は、新たな局面を迎える!!
ADAMAS(10)
「ジェネラル。ジンは死んだ」ウィルスングループのニコライ・ルーシの言葉を信じられないレイカはわずかな手がかりから彼が生きている事を知る。彼女は必死にジンの痕跡を探す。一方、レイカの父・流崎好夫の正体が明らかに。彼はマリー・ランジェと同じ宝石使い三賢人の一人だった。長き旅を続けた彼らが辿りついた場所とは?皆川亮二が描くダイヤモンドに愛された美しき女の物語はいよいよ佳境に。