reread
また読みたい
フォロー
歴史大河ギャグ漫画の傑作が登場!!幕末に大活躍する維新の志士たち、そこにいたるまでの日本には「なが~い」歴史がある!!話はさかのぼって、四百年前の関ヶ原では…。ギャグマンガ初の試み、著者懇親の「ギャグ注」付き!!新しい歴史観が話題を呼んだ、第8回手塚治虫文化賞特別賞受賞作品!!
関ヶ原の戦いは東軍・徳川家康の大勝利に終わり、三百年の太平に向けて徳川時代が開幕する。しかし、日本国内では関ヶ原合戦後の各藩の処遇を巡り混乱が続く。そして、各地の大名を巻き込み、徳川家と豊臣家の最後の戦いがはじまった!!二代将軍・徳川秀忠、山内一豊ら登場。
冬の陣により、豊臣家とともに大坂城も消えた。そして、真田幸村、後藤又兵衛ら戦国の武将たちも歴史の舞台から立ち去る。徳川幕府も三代将軍・家光のときには完全に礎が築かれ、それを補佐したのが弟・保科正之だった。松平肥後守正之、水戸光圀ら登場。
長崎から江戸に戻った前野良沢は、杉田玄白、中川順庵らとオランダの医学書「ターヘルアナトミア」の解読に挑戦することになった。四年にわたる苦難を乗り越えて、前野良沢と杉田玄白が挑む「解体新書」プロジェクトとは…!?平田靱負、平賀源内ら登場。
軌道に乗ってきた「解体新書」の翻訳出版だが、次第に前野良沢と杉田玄白の二人の間では考え方に違いがでてきて…。そして、稀代の天才・平賀源内の驚くべく発明とは…!?田沼意次、ベニョヴスキーら登場。
「解体新書」は人々に受け入れられ、杉田玄白、中川順庵らの人気は急上昇した。一方、七年の歳月をかけてエレキテルを発明した天才・平賀源内は、不遇の日々を送っていた。そして、刃傷事件を起こしてしまい…。前野良沢、林子平ら登場。
天明の大地震は、関東一円に大きな被害を及ぼした。庶民の不安と不満は、宰相・田沼意次に向けられた。そして、大黒屋光太夫を乗せた神昌丸が、八ヶ月の漂流の末に辿り着いた先は…。工藤平助、司馬江漢ら登場。
全国的な大飢饉で難民が続出し、人々の不満は老中・田沼意次、意知親子に向けられた。そして、意知は城内で起こった刃傷事件により、この世を去ってしまう。この時、白河藩主・松平定信は…。武田信広、最上徳内ら登場。
北方の地を探索する最上徳内は、アイヌの人々やロシア人と交流する。しかし、その北方探索を命じた田沼意次は、将軍・家治が亡くなり、反田沼グループにより老中を失脚させられていた…!!松平定信、本多利明ら登場。
老中・松平定信が「寛政の改革」を断行しようとしていた頃、大黒屋光太夫らはまだロシアから出国できずにいた。そして、日本では青島俊蔵と最上徳内が国家隠密法違反により、捕えられ入牢されていた…。高山彦九郎、蒲生君平ら登場。