加治隆介の議 1巻
加治隆介、39歳。一流商社のエリートサラリーマンである彼には、政治家である父・元春と父の下で働く兄・春彦がいた。ところが、突然の事故で二人はこの世を去ってしまう。残された隆介は、選挙への出馬を要請されるが、総理直々の要請も蹴ってしまうが…政治不信の今、若き政治家・加治隆介が登場!永田町に風穴をあけられるか!?
加治隆介の議 2巻
“世界的なスケールでの「人類の幸福」こそが、我々政治家の取り組むべき最大の命題なのだ”という父の遺志を継ぎ、衆議院選挙への出馬を決意した加治隆介。しかし、地元利益誘導型の公約を棄てた加治隆介は、民政党の公認もはずされ、地元民の反感をも買い、大苦戦となる。加治隆介の熱き闘いが、今始まる!
加治隆介の議 3巻
衆議院選挙を闘い抜き、一度は落選しながらも、当選を勝ち取った加治隆介。永田町の風雲児、政治家・加治隆介が誕生した。議を唱える政治家を目指す彼は、派閥に属するだけでなく、若手の議員だけで独自の政策集団を作ろうと考える。政治不信の現代日本に、新しい政治家像を提示する弘兼憲史の本格政治ドラマ!!
加治隆介の議(4)
父と兄の死は、事故ではなく、仕組まれていた…!?加治隆介は、父・元春の死の真相を追うため渡米し、父の死の謎を知る男・下薗を発見する。下薗を追い込んでいくうちに、鳩村総理の贈収賄に関与する疑惑が浮かんできた。日本政界を激震させる光田工業事件の真相とは!?日本政治の有り方を問う野心作!!
加治隆介の議(5)
隆介の父・元春と兄の交通事故死には、光田工業事件に関わる鳩村総理派の汚職隠しがからんでいた!!実行犯の下薗はワシントンで拳銃自殺。鳩村の金庫番の朝生も自殺を図るが、一命をとりとめる。事件が一斉に報道される中、隆介の次の手は?今、総理の犯罪が暴かれる!?
加治隆介の議(6)
カンボジアのPKOに参加していた日本人に初の犠牲者が出た。亡くなった山本警部補は、加治隆介の後援会長の息子だった。加治隆介は、日本にじっとしていることは出来ない、とPKO視察のためカンボジアに発った。カンボジアには、ボランティアとして鮎美が働いていた。
加治隆介の議(7)
カンボジアの視察中、加治隆介はゲリラに拉致されてしまう。すぐには殺されずに何とか生き延びていたが、見張りの少年・クミールから、自分を殺す相談が聞こえたと知らされる。クミールの手引きで、何とか逃げ出した加治隆介だったが、一緒に逃げてきたクミールはジャングルで底なし沼にはまってしまい…
加治隆介の議(8)
加治隆介がカンボジアに行っている間に、日本では衆議院が解散、不在選挙となった。連立ながら、政権をとった加治率いる桜新党。短命の暫定政権を見越して、末期の癌ながら浅海は首相となることを決意し、加治隆介は内閣官房長官となった。いよいよ加治隆介が政治の中枢に打って出る!
加治隆介の議(9)
北朝鮮の核開発をめぐり、対応に追われる内閣官房長官・加治隆介。国連では、北朝鮮に対する経済制裁が決議されることになった。事態を回避するため、北朝鮮は、日本の漁船を拿捕した。国際的な立場をとるか、拿捕された国民の命を守るか。日本は世界的な対応を迫られる!!
加治隆介の議(10)
北朝鮮に連行された「八幸丸」乗組員8名の返還交渉のため、青杉が派遣された。無事に人質が解放され、一躍国民的英雄となった青杉。しかし、記者会見の場で、船長が自分が北朝鮮の運び屋だったことを暴露してしまい、政府は難しい対応を迫られる。一方、渦上総理のスキャンダル写真が写真週刊誌に掲載されて…!?