星屑男のクズっぷりとぶつかり男で萎えまくった心がフェミおじさんの出現でブチ上がる最高の1話でした。池袋はマジでぶつかりおじさんいるからクソ。

フェミおじさん再登場しますよね!?
私は作中で登場した「無痛恋愛」という言葉を知らなかったので今後くわしく語られていくのが楽しみです。

4話読んだ

みなみとゆにの間こじれるとか地獄か…?

星屑といいクソ美容師といいなんでみなみはああなんだ…

血のつながった家族のことをセクシストだと認めて他人にも伝えられるメンタル、強すぎるよ……!!!!

ハラッサーに対して、月寒さんみたいな受け答えができるかと言ったら正直むずかしいけど、できるだけ無感情に冷静な態度を取るのが大事なんだろうな

星屑野郎、ザマァだな…
しかしああなったのは朝里さんに相応しいレベルの男になりたかったからというのが、ちと切ないな

まあでも、ザマァだな

やっぱりな。朝里さんは全部知ってると思ったよ。
星屑野郎のこと本当に好きだったのに、あいつバカだなぁ…!

みなみが10年で得たもの…意外とデカかった!!
急に10年経ってしまって焦ったけどここからも面白く読めそうだ

とりあえずみなみがもう星屑オトコのせいで悩んだり傷ついたりしないというだけでココロが楽だよ

みなみが中村へ蒔いた種、長くかかるにしてもいつかは大きく育つと知れてよかった。みなみみたいにはっきり伝えようとしてくれる人はまだ世の中に多くないとおもうし、今後中村の好み通りの女性に出会ってそのままうまく行けば、その種が育つ可能性は限りなく低いはずなので

うずらちゃんの兄貴、本当に変わったな…!!!まだわかってない部分はもちろんあるけど、うずらちゃんの主張をちゃんと理解して受け止めてくれる…!!!

25話、ちょっと泣いちゃうくらいよかった〜!うずらちゃんの兄、こんなかたちで活躍してくれるなんて思わなかった。

「同性愛者は異性愛者専用のドラマ劇場の脇役」……こんなワード瀧波先生からしかでてこないだろう。すごいわ

自分の加害性を認めて向き合うって相当大変なことだと思うし、別れればある程度その大変さから逃げられるはずだけど、それを選ばずに再構築のために努力したのは素直にすごい

これっきりかと思ったけど次がありそうでよかった。
自分もただ一緒に歩くだけの友達とか欲しいな…

千歳のことは会話の感じから完全に吹っ切れてそう、と思ったけど
いまだに自分を対等な存在として見られてないってわかったら怒りで震えるし、泣けるよね。
あの「ふざけんな」とブロックでどれだけ相手に伝わるかはあまり期待できないけど………。

嫌なことをされたり言われたりしても上手に怒れないから怒れるように頑張るのではなく、そもそも関わらないように生きるという選択肢もあって良いのか。完全には無理でも、そう決めてしまうと案外楽かもしれない

かづえさん的な近所のお年寄り、だいたいは鬱陶しいと思ってしまうと思うけど
自分の生活に上手いこと取り込んでるな月寒さん…さすがだよ

ネオ寄生獣

ネオ寄生獣

田宮良子が生み、泉新一に託した子どものその後を描いた萩尾望都『由良の門を』。砂漠の戦場での寄生生物同士の激しいバトル! 皆川亮二『PERFECT SOLDIER』。まさかの『アゴゲン』とのコラボ、平本アキラ『アゴなしゲンとオレは寄生獣』など『寄生獣』への想いに満ちた12編の傑作が集結! 他の著者・遠藤浩輝、真島ヒロ、PEACH-PIT、植芝理一、熊倉隆敏、太田モアレ、瀧波ユカリ、竹谷隆之、韮沢靖。

キュロテ

キュロテ

世界でアクセス数100万以上! 人気コミック(仏/ル・モンド紙)、待望の書籍化!ひらめき、勇気、愛と希望。周囲の目を気にせず、自身の意志を貫き、時代を革新してきた女性15人。勇猛果敢な女戦士、古代ギリシャ初の女性医師、中国史上唯一の女帝、人気キャラクターの産みの親…etc.あなたがまだ知らない、パワフルでユニークな彼女たちの人生とは!?フランス発! 仏・女性人気No.1のペネロープ・バジューならではの、キュートでユーモラスな女性偉人伝!

臨死!! 江古田ちゃん

臨死!! 江古田ちゃん

テレオペ、ヌードモデル、ホステス……様々な職に就き、日々を暮らす。彼氏はいても、決して「本命」になることなく「都合のいい女」扱い。「猛禽(もうきん)」と命名する「モテ女子」を天敵とし、今日も都会をさすらう江古田(えこだ)ちゃんの「人生いろいろ」……。街角で、酒場で、仕事場で、あなたの隣に猛毒の牙を持つ女性がいるぞ。男と女のこの世界で生き残りたければ、これを読んだ方がいい。女性読者の圧倒的支持を誇る超絶4コマ、登場!

あさはかな夢みし

あさはかな夢みし

時は平安時代、京の都に一人の姫君がおりました。現実世界(三次元)の殿方に全く興味がなく、明けても暮れても草紙を読んでは妄想妄想。そんな腐りきった平安女子を更生させるべく一人の舎人(召し使い)がやって来た。はたして姫君は人並みの恋愛、結婚を叶えられるのか!? 『臨死!! 江古田ちゃん』で現代社会に痛烈な風刺とユーモアを炸裂させた瀧波ユカリの最新作。ヒトなんて、今も昔もあさはかだもの。

モトカレマニア

モトカレマニア

難波ユリカ・27歳。22歳のときに別れた元カレ・マコチの存在を引きずり、彼の名前を検索したり、心の中で会話したりと、順調にマコチを神と崇めつつ、元カレのマニアとしての日々を過ごしていた。ところが心機一転、新たに働くことになった不動産店には、愉快なメンバーとあの人がいて…!? 元カレの存在が気にかかる全女子必見!! 崇拝と恋愛の間で揺れ動く、爆笑必至のノンストップ・ラブコメディ!

ありがとうって言えたなら

ありがとうって言えたなら

決して仲のいい母娘じゃなかった。だからこそ、今、お母さんに伝えたいことがある――。余命宣告、実家の処分、お墓や遺影のこと、最後の旅行、そして緩和ケア病棟へ。「母の死」を真正面から描いた、涙なしでは読めないコミックエッセイ。***「すい臓のほうに何かあるって」。大阪で暮らす姉から、エネルギッシュで毒舌でコワモテの美人の母が、余命1年のすい臓がんだと告げられた。釧路で一人暮らしをしていた母は、看護師をしている姉の元へ身を寄せ、通院と治療が始まった。抗がん剤の副作用や痛みに気分が浮き沈みし、母のイライラは最高潮。心はガチガチに閉じていて。余命宣告、実家の処分、お墓や遺影のこと、家族総出の最後の旅行、そして、緩和ケア病棟へ。誰もが経験する大切な人との別れは、想像と違うことばかり……。決して仲のいい母娘じゃなかったかもしれないけれど、だからこそ、今、お母さんに伝えたいことがある――。思わず「お母さん」ってつぶやきたくなるコミックエッセイです。

ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
フェ、フェミおじさ〜〜ん!!😭【最新話の感想】にコメントする