一番下のコメントへ

プロレスと一切接点を持たずに生きてきたアラサーの平成生まれが1巻を読みながら思ったことメモです。知り合いが読んでたので気になって読んでみました。

………

1話
表紙めくってすぐ出てくる扉絵の猪木の横顔草
タイガーマスクより段違いに読みやすいけど、1話目からデカパンみたいな黒人のずんぐりしたおっさんとは
タイガーマスクといい悪役レスラー金的しすぎでは?あぶな
突然の猪木解説草
「わたしがあいたかったのは作家ではなく、空手界の大物としてのミスター・カジワラだった」
いきなりの作者登場すげえ
「ランチをおごっただけで半生を語ってくれた」
「ユーとカラテのめぐりあいを話してくれないか?」
マジで突然何が起こってるんや…

2話
観客が黒人レスラーのブッチャーを平然と「二グロ野郎」呼ばわりするのビビる…
「サンキュー・ベリマッチ!!」ジワジワくるのすこ
「ガマ電話オテナは大山倍達の20年来の親友」
マジどこからどこまで本当で嘘なのか微塵もわからん

3話
「パンチで殴るのは反則だが突きはオーケー」は正しそう
巻き藁で貫手の練習をするブッチャー
「指がくだけてもいいとこみせにゃ……」いきなり弟子力高いムーブをするブッチャーかわE
小石炒飯wwwwスピードがあれば熱さを感じないww

4話
「ああ、人間は信じられねえ!」のブッチャーいい顔してる…

5話
「アトミック・ボムズ・アウェー!!」
「千ドル……ステーキ!」:sob:
カール・ゴッチさんは実在してそう
今更だけど「レスラーは本物(実在)するけど、ストーリーがフィクション」という解釈であってる?猪木さんが言ってることは本当なんだろうか…

6話
大木さんのパイナップルみたいな帽子なんなの?:pineapple:
「鉄柱に叩きつける頭脳作戦」
いうほど頭脳作戦か…??どちらかというと「頭脳作戦(物理)」じゃねえか
普通にブッチャー死んだかと思って心配しちゃった

7話
奥さんへのお土産に日本人形はセンスねえな…ありがた迷惑
普通にブッチャー可哀想……でも日本人形買うような男だしな…
「こんなにオデコもキズだらけになってるときに」草

8話
白人プロモーターも惚れるブッチャーさんのガッツ
「ゼニになればどこへでもいきますぜ」すこ
ケージ・デスマッチからの「おばけカボチャ!! 人間空母、デブ世界一!!」で大草原
275kgはやばい

9話
そのオーバーオール絶対1人で着れないでしょ
ブッチャー「頭にくるクソデブめ!!」草
また金的かよ
そうか…突きの弱点は分厚い脂肪なんだな
肉弾重爆撃の落下エネルギーを使った首への突き

ファイトさえありゃ、世のなかなんとかなるもんだぜ〜〜ッ!!」かっけえ…

「ファイト・マネーはヒフティティー・ヒフティーが条件だ!」
ヒフティーは草 

………

タイガーマスクと比べると漫画の技術が進化してて格段に読みやすい。
どこまで本当なのか全く判断できないとこが最高に面白い。
すでに1巻で小石炒飯なんておもしれー修行出てきたんだから続きは絶対面白いじゃん。気になる。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー