かつては高校生探偵として大活躍をして、
名声や賞賛を集めたが
今ではすっかり冴えない貧乏中年探偵。
そこに明るくカワイイ女子高生が訪ねてきて・・
という今風の探偵物の王道というか、
どこの赤川次郎先生だよ、という出だし。
横溝正史先生が読んだらまさに題名通りに
「まったく最近の・・」
と嘆き悲しみそうな漫画だな、と思ったが、読み進めたら、
赤川次郎先生ですら
「まったく最近の・・」
と嘆き笑いしそうな面白い漫画だった。
そりゃまあ赤川次郎先生もさすがに
「ビルの5階から落ちても大丈夫系女子高生」
は描けないし描かないし描きたくないだろうけれども。

探偵物の要素や醍醐味のほぼすべてがギャグネタに(笑)。
探偵物作品としては邪道極まりないのだけれども、
ギャグ漫画としては王道で、読んで笑える楽しい漫画。
なので横溝先生や赤川先生には、作者の五十嵐先生に代わって
「最近の探偵ですみませんね」
と自分が謝るから、そのかわり、
連載を続けてますます笑わせて下さい五十嵐先生。

謎がギャグを呼ぶ、身も蓋もない探偵漫画にコメントする
『まったく最近の探偵ときたら』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ