一本の「杖」で国家転覆の陰謀に立ち向かう #1巻応援

一番下のコメントへ

舞台は幕末。アクションだし、ミステリーだし、とにかく想像以上のスケールの大きさで驚きました!しかも「杖術」って何?初めて知った!と戸惑いましたが、文字通り「杖」を使った武術で、宮本武蔵宮本武蔵の二刀流を倒す為に編み出されたとのこと。ちなみに岡村星岡村星先生のお父様が杖術をされているそうです。

主人公の長岡津春は武士の家の子供だろうけど医学生なので、相手に致命傷を負わせない杖術をしているようですが、この理由からも分かるようにとても優しいんです。そんな彼が国家転覆の陰謀に立ち向かう!って大丈夫なのかと心配になりましたが、1巻ラストから早くも覚醒の予感があったので、私の心は完全に掴まれました。続きがめちゃくちゃ気になります。杖術が炸裂するところも見たいです!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー