ヤンキーマンガと言えば同じチャンピオンで連載されていた、クローズが若手俳優総出演で人気をはくしましたが、ワタシはこちら派でした。
箕輪道伝説が好きだったので、一巻が発売されていると知ったその日に近所の本屋へ走って予約に行った程です。
受け付けたのが凄いおばあちゃんだったので、タイトルを聞き取って貰えず、五回ぐらいレジで復唱した遠い記憶。
二回目くらいから、半笑いでした。
ヤンキーバディと言えばトオルとヒロシが定番ですが、こちらはナオミとアキ。
名前がオシャレ(?)。
かたや硬派で案外真面目なナオミと、ちゃらちゃら軟派だけど、本当は真面目なアキのコンビがヤンキー相手に全国喧嘩行脚(?)
というかヤンキーなのか?最後は巨悪と闘うヒーローへとなって行きます。
喧嘩強すぎて。
ちょっと暑苦しい部分はご愛敬。
一番お気に入りだったのはアマギンです。
古いベンツのカブリオレに乗ってるし、ハーレーに乗ってるし、グリーングリーングラスオブホームがテーマソングなところも十九ごときで渋すぎる。
作者が一番思い入れのある登場人物なのかも知れませんね。
最終巻の最後のページは感涙しました。

主役でもないのに、いちいちかっこ良すぎる天草銀。にコメントする
user_private
『ウダウダやってるヒマはねェ!』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ