ミステリーとしてもヒューマンドラマとしても楽しめる

一番下のコメントへ

小生、僕だけがいない街僕だけがいない街とか、タイムスリップ✕ミステリー・サスペンスが好きなんすよね。
事件を理解しているから修正していく要素も、結果として現代に影響を及ぼしてしまうのも、ほんのりロジカルな感じがいいんです。

本作も1巻読んで、これ超好き!と思っていたので、完結まで待ってました。
「待っている」理由は、至極単純で、ミステリー・サスペンスものは読み始めたら最後まで一気に読みたいんですよね。
じゃないと、毎回先が気になって発狂してしまう恐れがあるので。
(こういう方、多いと思います)

テセウスの船テセウスの船も同様に、寝かせて楽しみの熟成をしていました。

まさか完結して速攻ドラマ放映とはね、やられました。
そんなの両方気になってみてしまいますよ。
そして、そのドラマの出来のいいこと。
(あんまりドラマ見ない勢だから、目が肥えてないだけかもですが。)

原作と犯人をかえるとかいう噂もあって、
結局、先が気になって発狂してしまう運命は避けられなかったです。

両方みているものとして、違いとしては原作のほうが犯人わかりやすかったなと感じました。
ドラマよりも怪しい雰囲気の人物が他にいなかったし、真犯人に関しても想像ができてしまいました。

そういう意味での驚きは少なかったのですが、とはいえ、最後にどういう終わり方するのかは予想もできなかったし、結末に関してはある種のカタルシスを得られました。
爽快感とは違うのですが、納得感というか満足感というか。
テセウスの船というパラドックスを使う意味も、最終話で再度納得した始末。(彼が、違う人になったのかどうかの疑問も含めて示唆してますね。)

また、ミステリー要素だけでなく、本作は家族の描き方もいいですね。
こちらもドラマの影響が大きいのですが、家族が思い支え合っている姿に何度も心救われました。

犯人を追い詰めるハラハラする面も、家族の絆を描いたヒューマンドラマでほっこりする面も、両面で十分に楽しめる内容だったなと思います。

メディアミックスで相乗効果を得られた好例の作品ですね。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー