画力と繊細なトーンワークに裏打ちされた演出力

一番下のコメントへ

表紙の目ヂカラに心を掴まれてジャケ買いし、内容を読んでさらに心を掴まれました。とにかく画力を活かした演出が抜群です。

キャラの作画はCLAMPCLAMPの目ヂカラと矢沢あい矢沢あいのフェミニンな細身のシルエットを見事に融合させており奇跡的なバランスで成り立っています。
そして手の細かな演技や表情付けなどは週刊漫画とは思えないほど繊細に描写されており手の動きだけでキャラの悲痛な感情が伝わってきます。

背景に関しては繊細なトーンワークによる光の表現が特に素晴らしく、この現実感のあまりないキャラたちを違和感なく世界に溶け込ませています。

さらに、シリアスとギャグの配分が非常によく。80〜90年代のサンデーが好きだった人にはたまらない配分になっていると思います。店長が機動警察パトレイバーパトレイバーの後藤さんに似ていますがその辺りの感覚はパトレイバーに近いと思います。

ストーリーに関しても初めての挫折を経験した少女の鬱と中年の危機に差し掛かったおじさんの鬱という2種類の鬱を恋愛という誰にでもわかる主題を使いながら見事に描き切っています。

少女漫画が好きな人。好きな人、そして少年漫画が好きな人、もちろん青年漫画が好きな人、どの層の人にもお勧めできる恋愛マンガです!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー