icon_reread
また読みたい
フォロー
恋は雨上がりのように(1)
橘あきら。17歳。高校2年生。感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。その相手はバイト先のファミレス店長。ちょっと寝ぐせがついてて、たまにチャックが開いてて、後頭部には10円ハゲのあるそんな冴えないおじさん。海辺の街を舞台に青春の交差点で立ち止まったままの彼女と人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす小さな恋のものがたり。
恋は雨上がりのように(2)
第1集発売直後に注文が殺到し、異例の緊急大重版が決まった正統派恋愛叙情譜 第2集。胸に秘めた想いを抑えきれずついに打ち明けた少女―― 17歳。無表情女子高生と45歳。バツイチの冴えないおじさん。28も年の離れた二人の恋の行方は――!?
恋は雨上がりのように(3)
1集6刷、2集3刷突破 老若男女を虜にして現在、空前の大ブレイク中!! 店長への想いに胸を焦がすあきらと彼女の真っ直ぐな瞳に心揺れる店長。そんな2人がそれぞれ心の奥に閉じ込めた過去の夢―― 17才の少女の一度しかない真っ青な季節が流れてゆく
恋は雨上がりのように(4)
陸上部の親友・喜屋武との間に起きる摩擦。店長がかつて抱いた夢―― 思春期の少女と思秋期のおじさん 立ち止まったままの2人。その想いの行方は…!? 今、17歳の夏が過ぎゆく――
恋は雨上がりのように(5)
ユイ、吉澤、そして加瀬。それぞれが胸に抱えるかなわない想い。本当に好きな人に、ひとりの友達として向き合ってゆくことを決めた あきら。そんな彼女に店長は――!? 17歳。新たな季節のはじまり。
恋は雨上がりのように(6)
「橘先輩、こんなところで何やってるんですか?」陸上部の頃のあきらに憧れていた倉田みずき。その純粋すぎる鋭い言葉に、心を揺さぶられつつ、あきらはクリスマスに向けて店長に対して“あること”を決意する。揺れるあきらに、店長のかける言葉は――!? 17歳。季節は秋にさしかかる――。
恋は雨上がりのように(7)
「他にやりたいことなんて、ありません。」周囲の声によって陸上への想いを揺さぶられるなかで、気遣う店長と、それを突き放してしまったあきら。ハロウィン、誕生日、海、それぞれに自分と向き合ってゆくなかで、店長がついに……? そしてなんと今回、喜屋武にも恋の雨が降り注ぐ!? 17歳。季節は冬へと加速する――。
恋は雨上がりのように(8)
(俺は、橘さんのことが好きなんだ…)あきらへの気持ちに気付いた店長、しかしその表情は恋の喜びとはほど遠く、厳しく、切ない。ついにマフラーを編み上げたユイが吉澤に想いを…? そしてあきらも!?
恋は雨上がりのように(9)
クリスマス前にマフラーを編み上げ、吉澤に想いを伝えたユイ。その結果を知らぬまま、あきらは…! 季節が巡り、人も、場所も巡りゆく中で、店長が手にするもの、そしてあきらが見つめる瞳の先にあるものは――?
恋は雨上がりのように(10)
橘あきら17歳。高校2年生。ガーデンで過ごした大晦日から年が明け大雪の元旦。部屋で一人黙々とペンを走らせる店長。編み上げたマフラーを下げあきらは傘をさし、家を発つ。「きっと、すぐやみますよ。」あの出会いの日から季節はめぐり、二人が雨上がりの空に描くのは――― 『恋は雨上がりのように』ついに完結――!