手塚治虫の中でも一番

一番下のコメントへ

一番面白い、とは言いません。でも一番好き。

漫画を読み始めた小学生の頃、実家にはブッダブッダの愛蔵版と秋田書店版ブラックジャックの単行本とDr.スランプDr.スランプがあり(後に手塚作品は拡充されていってたけど他は自分で買うようになった)それらをひたすらに読み返していたので思い入れも一番深いです。

火の鳥火の鳥は雑誌ぐらいの大きさの○○編とかごとに別れてるやつがピアノの先生の家にあって待ち時間に読むのが楽しみでした。

なんか書いてるとすぐ脱線してしまう。。。

ブッダ(仏陀)に関して、私は正直この手塚治虫手塚治虫のブッダ以外の知識がないです。本来の意味としては「悟りを開いた人」ということだったと思う。
ただ、どこまでが世間一般で言う意味合いと合致しているのかわからないのでそこは置いときます。
今作はシッダールタがブッダとなり亡くなる(正しい表現じゃなかったらすみません)までの間の物語。

宗教的な背景や知識がなかった小学生でも、シッダールタを取り巻く登場人物たちや出来事のインパクトに惹き込まれあれよあれよと最後まで読み切り、また何度も読み返すほど深い作品でした。

タッタがすごい好きだったなぁ…ダイバダッタが本当に憎くて、でもみんな憎みきれない感じのストーリーを持ってるんですよ。
一言で言い表せない内容で、なんとも感想が書きづらいけど、本当に面白いし読まない人生だとほんと損すると思う。
影響が色濃く強いわけではないかもしれないけど、きっと心に残ると思います。

大人になってから行ったタイ旅行で見た涅槃像を全部ブッダだと思って見てました。心臓心臓を上にして横になるので右肘で頭を支えてるんですよね。これも事前知識なく手塚ブッダで学んだことだったけど合ってました。楽しい。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー