タイトル通りの内容だった

一番下のコメントへ

歴史の出来事として残っている服部正就と伊賀同心の確執が物語の元になっているマンガ
最初から30ページぐらいはこれ「闇の土鬼闇の土鬼」に似ているなと思いながら読んでたけど途中から全く違う内容だった。
次々と刺客が兵馬に送り込まれては撃退を続けながら、徐々にかつての主君・正就との距離を縮めていき対決する。

このマンガの最終回は横山光輝横山光輝のマンガって感じがして好きだな

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー