最初の方のあらすじは長男として家族を養うために殺し屋の道を選んだ男の久能隼人のバイオレンスアクションと言えばいいかな...

第一回目のタイトルが『回転式六連発弾倉振出引鉄連動手製拳銃』だが、いろんな情報が多すぎて説明がしずらい。
殺人を依頼するタキがバーに行き、二階で殺し屋である久能隼人に会うのだが、久能が「ニワトリのヒナの雌雄鑑別」をしており、その後マンガの中でリボルバーの図面を出しながら銃を作っていくをいうとンでもない始まりかたをする。

まだ初期は家族を養うために殺し屋になった話や久能の『家族を大切にしろ こんな世の中で信じ合えるのは家族だけなんだ。長男なら耐えろ 夢を見ないのが長男なのだ』と長男とはなンぞや?みたいな感じだが、途中から雰囲気が代わり殺し屋組織であるレインアームと対決がメインになってくる。
小池一夫原作でよくあるヒロインが登場して主人公と仲良くなり死ぬが発生し、最終的にレインアームを壊滅させるのだが、中ボスを倒した後、次の回で壊滅している風だった。その後数回依頼を受けて殺人をしたりして急激に終わった。

初期の方にあった家族を養うために殺し屋になったという設定があったが、家族はほとンど出てこない。

色々見所があって面白いのだが、これをうまく説明できないから試しに読ンで欲しい

長男の苦悩...にコメントする
user_private
『長男の時代』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ