【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。

ビレッジバンガードというジャズ喫茶がありました。時代は学生運動の隆盛極まる1960年代の終盤。ここに学生運動にはどうも熱心にはなれない青年が集います。小説家を目指す中上健次、映画監督を夢見る北野武、そして連続射殺魔の永山則夫。さらに学生運動の側から永田洋子が合流。

社会の爪弾き者同士、ふしぎと意気投合する北野と永山。いつも言い訳ばかりでなかなか映画を撮ろうとしない北野が永山に出演依頼をかけ、脚本に着手し始めます。そして紆余屈折ありながら出来上がった脚本は、三億円を乗せた現金輸送車を襲う内容でした。

さあ、どこまでが真実で、どこからがフィクションなのか。

三億円事件は1975年に時効成立。
永田洋子については山本直樹の『レッド』を参照されるべし。
中上健次は1990年に獄中小説家としての永山則夫を擁護。
永山則夫は1997年8月に死刑執行。
北野武は1997年9月に自身が警察官に扮して銀行強盗をする映画『HANA-BI』でヴェネチア国際映画祭のグランプリを獲得。

むかしむかし新宿に・・・にコメントする
user_private
『アンラッキーヤングメン』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ