話題の

一番下のコメントへ

話題になっていたので読みました。
まず第一に、これに目くじら立てて喚いてる自称フェミニストたちは読解力が低く、了見も狭く、想像力が乏しいと言わざるを得ない。
オジサンの悲しい性(さが)や、強固と思われた理性の壁にいともたやすく浸潤してくる「娘の友達娘の友達」の魔性の迫力がよく描かれていると感じる。女性の作者らしいですね。いやーすげー怖いw
同じおっさんと少女の話でも、ピュアな30歳児が主人公のロッタレインロッタレインとは真逆ですね

 講談社のウェブコミックサイト「コミックDAYS」で連載中の萩原あさ美氏の作品『娘の友達』をめぐる騒動が苛烈さを増している。 この作品は家庭もある中年の主人公・晃介が娘の友達である少女・古都と出会い、「決して抱いてはいけない感情」を持ってしまうというもの。現在に第2巻まで刊...


騒動の件、検証記事のようなものが出ていましたね。
「みんな一体誰と戦っているんだ…」ということなのかもしれません。

読んだ限りでは欲望によって社会的地位を失うかもしれないこわさというか…純粋にスリラーやサスペンス(もしかしたらホラーかも)としての魅力がすごいなと自分も感じました。
題材は確かにセンシティブかもしれないですけどね。

https://otapol.com/2019/11/post-86250.html 騒動の件、検証記事のようなものが出ていましたね。 「みんな一体誰と戦っているんだ…」ということなのかもしれません。 読んだ限りでは欲望によって社会的地位を失うかもしれないこわさというか…純粋にスリラーやサスペンス(もしかしたらホラーかも)としての魅力がすごいなと自分も感じました。 題材は確かにセンシティブかもしれないですけどね。

https://otapol.com/2019/11/post-86250.html 騒動の件、検証記事のようなものが出ていましたね。 「みんな一体誰と戦っているんだ…」ということなのかもしれません。 読んだ限りでは欲望によって社会的地位を失うかもしれないこわさというか…純粋にスリラーやサスペンス(もしかしたらホラーかも)としての魅力がすごいなと自分も感じました。 題材は確かにセンシティブかもしれないですけどね。

@ANAGUMA

表現の自由を守りたい側の人たちが過剰に警戒態勢をとってしまうことは、宇崎ちゃんの例からみても仕方のないことだと思います。しっかり毅然と立ち向かわないと守れない、こういう局面はこれからも度々訪れるものと思われます。
私としては、電話などによる直接の抗議でないSNS上での不特定多数の書き込みは「"抗議"ではない」と突っぱねた講談社の対応に拍手を送りたい。

そう、ホラーですよね!ここに至ってはもはや作者の性別とか関係なく漫画家すげーな!って思ってしまいましたw

コメントする
reread
また読みたい
フォロー