あらすじ

抑えられない娘の友達への想い。その気持ちに、嘘をつくのはもうやめた。ただひとりの人間として彼女が必要で、彼女の哀しみに気づけているのも、世界中で自分ただひとり。これが、たんなる性的欲求でも、歪んだ父性の発露でもないことは、もう分かっている。でも、だからこそ…自分を取り巻く全ての人たちの、幸せと不幸せの天秤に、どう責任をとればいいのだろうか。