あらすじ

「さようなら、晃介さん」 そう言い残して、娘の友達・如月古都は姿を消した。追いかけることで、救える人がいる。追いかけることで、傷つける人がいる。苦しんで、苦しんで、苦しみぬいた晃介の決断は……。0か100かで語れないものがある。白か黒かで語れないものがある。本当は、僕の心も、君の心も、グラデーションの中で揺れ動いているから。社会の中で自己を抑圧する現代人へ贈る、“ミドルエイジ・ミーツ・ガール”ストーリーが、ついに幕を閉じる――。