一番下のコメントへ

新刊発売して即購入したものの、表紙を見ての通り「女子高生が主人公の現代もの」ということで、今まで私が読んできた明治カナ子作品と毛色が異なり、読むのを伸び伸びにしていた1冊。

しかし、エイヤッと読んでみたところ…「んも〜〜〜〜ー!!!やっぱ明治カナ子は最高だぜ!!!」と思わず叫びたくなる最高のダークファンタジーでした…!ありがてぇありがてぇ…。

小さいスマホのサムネじゃ気が付かなかったのですが、タブレットで本書を開いたときにやっと気づいたんです、これ!表紙の相変わらずの不穏さ!!

そこかしこにヤバイやついるやんけ…!!(歓喜)
これ坂の上の魔法使いシリーズでめっちゃ見たやつ…!!さらにこの表紙をめくった次の扉絵も相変わらずのダークさで、テンションが一気に上がりました!

主人公・のこは生まれたときから「影人間」が見える不思議な力を持っている。影人間たちにとってのこは「強運の持ち主・福の神」らしく、のこの願いを叶えようとしたり、貢物(※人間から勝手に奪ったもの)をしたりして、のこの関心を得ようとする。のこには両親がおらず、祖母とのこ以外に唯一影人間が見える兄の「たんこちゃん」と暮らしている…というあらすじ。

*表紙で後ろに立ってる、この「たんこちゃん」がまた最高なんですよ!!!(大声) *

カードキャプターさくら育ちで桃矢お兄ちゃんに「ギュン!!」と来てたタイプ人間は絶対読んだほうがいいです(断言)

桃矢お兄ちゃん…亡くなった母・撫子さんを見ることができたり、妹の身代わりをしているクロウカードを見抜いたり、いつでもどこでもバイトしてて妹のピンチに駆けつける桃矢お兄ちゃん…ホント堪りませんよね。

のこのこを読むまで桃矢くんが理想のお兄ちゃん不動のNo.1だったのですが、ここに来て「たんこちゃん」が怒涛の追い上げを見せています。そのくらい最高のお兄ちゃんなんですよ、「たんこちゃん」は。

死んだはずの両親。のこの力の由来。影人間と「たんこちゃん」の秘密。
現代が舞台ではありますが、十二分にダークでスピリチュアルでファンタジーで、「もういいからとにかく読んでよ!!!」という気持ちでいっぱいです。ほんと、とにかく読んでください…。

(画像は2話より。無事上京することになったのこが久しぶりに見た影人間)

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー