良いオタクって地に足がついてて聡明に見えるんですよね。
独りよがりにならずに、同ジャンルヲタ達と絶妙な距離感で接するよう心がけるというか…それが衰退ジャンルならなおさら。

なので主人公の2人の関係性も上司と部下以上、友達未満という感じですが多くを語らずに(語るときもありますが)心が通じ合えてるのが読んでいて気持ちがいいです。

ツイッター上では実在が疑われている人だったマキさんが、同人イベントに初めて行って名乗らないで帰って、あとからあの人マキさんだったんじゃね?ってざわつく話がよかった。
あとマキさんの弟もオタクなのですが、ジャンルを知った時は衝撃でした。オタクの世界は海より広く深い…(遠い目)

これは良いオタクです…にコメントする
『マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ

マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~

まきとまみじょうしがすいたいじゃんるのおたなかまだったはなし
マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~
マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ (2)
マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ (3)
マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ (4)