猥雑という使命

一番下のコメントへ

矢萩貴子矢萩貴子のクチコミを投稿しようと思い、マンバの作品一覧を見たら、そのあまりの猥雑さに、ほとんど感動した。

ご興味のあるかたは、この「矢萩貴子」の名前をクリックしてみてください。
そして、そこにズラズラと並ぶタイトル(?)やあらすじの、ド直球で明け透けで奥行きのない下品さに、言葉を失っていただきたい。

その後でぜひ、この『Dark MoonDark Moon』の試し読みを開いてみて欲しいのだ。
オープニングのカラーから巻頭数ページだけで、この漫画家が持つ画力の精緻で凄絶なクオリティーの高さが、まざまざと分かると思うから。

かつて、レディースコミック誌というジャンルがあった。
当初は少女マンガを卒業した読者のための、男性向けでいう「ヤング誌・青年誌」のようなくくりを意味していたと思うが、やがて多様な進展を示して、主に短篇読み切りの成人女性向けエロをメインとする一群が隆盛し、そして、BLやTLの発展と入れ替わるように、急速に衰退していった。

多くのレディコミ漫画家は少女誌デビュー後にその発表の場を移してきており、作風自体は(少し古い)少女マンガのものだった。
一方で、牧美也子牧美也子川崎三枝子川崎三枝子、あるいは森園みるく森園みるくのように、(かなり古い)劇画テイストを手に入れた作家もいて、彼女たち彼女たちはレディコミ界のケン月影ケン月影とも言うべき無視できない漫画家たちである。

そして、それらとはまったく異なる光芒を放つ硬質の個性として、矢萩貴子は存在したのだ。

「東京芸術大学で油絵を専攻。卒業後、絵画教室の講師や高校の美術の非常勤講師をしながらSMを題材にした同人誌を作り、1987年(略)デビュー」(Wikipediaより)だそうだ。
まるで団鬼六団鬼六ではないか。

つまり、矢萩貴子は、伊藤晴雨や喜多玲子と一直線に繋がる「闇の絵師」なのである。

エロを描くという志にその身を捧げた凄腕の絵師は、歴史上枚挙に暇がないが、レディコミというあだ花なジャンルにおいては、矢萩貴子こそが無比の存在だとつくづく感じる。

ただ、現在の読者にとって「面白い」作品かと問われれば、少し言葉を濁すことになるのだけれど。

彼女を心から賞賛するまでには、私たちの時代はまだ成熟していない。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー