戦後間もない頃、男女平等の機運が高まりつつある中、ビジネスとしての女子野球を立ち上げるべく奮闘する女たちの物語。主人公でチーム「キャンディーズ」のエース・加納トメがとにかく痺れるほどかっこいい!

 高橋ツトム先生の作品らしく、政治やビジネスの駆け引きやハードボイルドな部分も多く、純粋な野球漫画というわけではないですが、その複雑さが面白さに深みと厚みを与えていますね。「料理マンガだと思って読んでいたのに、暴力沙汰や場外での足の引っ張り合いがひどすぎてテンションが冷めた」みたいな漫画も結構あるなかで、「鉄腕ガール」は理想的なスポーツ青年コミックだと思います。

 時代モノだと戦国や幕末、明治などが人気のジャンルですが、戦後復興の時代が一番熱く燃えていて、読んでパワーをもらえる気がします。

コメントする

次のクチコミ

女子プロ野球に、太陽は昇るか。
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
1年以上前
【世界と戦うアスリート漫画①〜スポーツコラム風に】 これは実際の昔話。 1934(昭和9)年、来日した米国選抜チーム相手に、あのベーブ・ルースを相手に、一人気を吐いた投手がいた。その年、彼を中心に日本初の男子プロ野球チームが誕生する。 彼の名は、沢村栄治。背番号14。 学生野球が盛んな日本に、ようやく生まれたプロ野球の中心で、自ら輝き、日本人を熱中させた「太陽」。彼無しに、日本の男子プロ野球が陽の光を浴びる事は無かった。 ここからは架空の話。 例えば太平洋戦争の敗戦後に、女子プロ野球リーグの興行を行うとしたら……と想像した時に、もし男子プロの沢村のような「太陽」がいたら、どの様になっただろう? カフェの女給の即席チームの中に、ずば抜けた身体能力と負けん気を持った女がいた。彼女は化粧品会社の社長・蘭崎五十鈴のチームで、日本を代表する豪腕……まるで沢村のような……に成長する。 彼女の名は、加納トメ。背番号14。 彼女の豪球とマウンド度胸は、周囲に夢を見させる。しかし、彼女を待っていたのは、プロリーグではなかった。 蘭崎五十鈴と弟の克巳は、プロリーグ構想を骨抜きにし、米国資本との「賭け試合」を仕掛ける。米国との「経済戦争」は日本中を熱狂させ、命のやり取りに発展し、挙句……。 プロリーグとは縁遠い場所で、加納トメは全身全霊で戦い続ける。勝負の場を作るために自ら前線に立ち、「女が野球をやる権利」を賭けた大博打を打つ。そして圧倒的な才能にも関わらず、常に格上に挑み、負けて当然のギリギリの闘いをする。その姿は時に清々しく、時にひどく見苦しい。 しかしその姿は周囲を惹きつけ、日本を明るく照らす。彼女は戦後の「太陽」として、我々の網膜にも忘れ難い影を焼き付ける。 ……という訳で、女子プロ野球の興行には参考になりづらい本作だが、例えば『1518! イチゴーイチハチ!』の環会長や、『球詠』の選手達が将来飛び込む女子プロ野球リーグの創設の物語に、加納トメの様な輝く太陽があったら……と想像するのはとても楽しい。 私達は、なんと言っても圧倒的な才能、物凄いプレイを観たくて、球場に足を運ぶのだから。
鉄腕ガール

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー