おそらくほとんど全話読んだ

一番下のコメントへ

確実に読めていないのは、最近まで単行本未収録を含む以下の4作品
第237話「幻(ダミー)の栽培」
第245話「スワップ 捕虜交換」
第266話「バチカン・セット」最近収録されたのが発売したらしいのだが未読
番外話「告発の鉄十字」

ビッグコミックビッグコミック/別冊ゴルゴ13ゴルゴ/増刊ゴルゴ/SPコミック/文庫で微妙に収録も違うらしいので上記以外も読んでいないのがあるかもしれない。

ビッグコミック/文庫/SPコミックの最新刊などを読み続けているので、おそらくほとんど全話読んでるという話が前提です。

特によかった回は以下かな
・AT PIN-HOLEHOLE
・死闘ダイヤカットダイヤ
・2万5000年の荒野
・鬼畜の宴
白竜白竜昇り立つ
・海へ向かうエバ
・ベイルートVIA
・最後の間諜-虫-
・システム・ダウン
・世紀末ハリウッド

じょじょに各話好きな部分を書いていきます。

AT PIN-HOLEHOLE
個人的には一番好きな回
依頼までの状況/ゴルゴ13ゴルゴ13の狙撃能力の高さ/デイブ・マッカートニーのプロフェッショナル気質が出ていてすげー好き。
ゴルゴ13の「ありがとう」とデイブの「あすの新聞を楽しみにしていますよ!」のところは名シーン

デイブ・マッカートニーの登場回がハズレなし。

2万5000年の荒野
50年続くゴルゴ13ゴルゴ13の中でも屈指の名作回

登場人物のコモン・バリーのかっこよさを最初から最後まで見る回。エンジニアの鏡だ。いろんな人が名作回と言うだけがあり読み応えもある。
原子力発電所の
・企業と委員会の癒着
・利権と環境問題
・ちょっとしたミスが重なって大事故に繋がる
が見事に盛り込まれている。

「これも機械のせいじゃない、私の…不注意だ……」

鬼畜の宴
タイトルに通り退屈しのぎにクレイジーな事やる金持ち鬼畜が「超一流のプロの対決をみたい」がみたいが為に依頼された「スパルタカス」がゴルゴ13ゴルゴ13と対決する回。
対決後にゴルゴ13からこの対決そのものがショーだと告げられるあと後瀕死のスパルタカスはゴルゴ13に依頼する

ゴルゴ13と対決したキャラクターは何人もいるけど、正々堂々とゴルゴ13と対決していい勝負したのはスパルタカスかな。

ラストの飛行機での会話の「スパルタカス」のあたりはゴルゴ13でも屈指のかっこいいところだ

「トドメを刺したいだろうが…あんたの銃にも、もう…」
「弾丸は残っていない…素晴らしい動きだったよ」

白龍昇り立つ
極秘の山岳特殊部隊隊長「燐」の山に関するウンチクと美学を堪能する回

あらすじは中国に併合されたチベット。その弾圧から逃れたダライ・ラマがゴルゴ13ゴルゴ13 に「生き神様」の少年救出を依頼。中国特殊部隊との壮絶な戦いをする。

重いテーマだが「燐」隊長とゴルゴ13との対決がまさにプロ同士という感じでいい

「燐」隊長の実在の平山ユージ氏・山野井泰史氏を褒める発言や「アルパインパインスタイル」についての説明や「極地法」の言葉を聞いた瞬間に激怒するなど山に対しての思い入れがいい

ちなみになんでか知らないがアスキーアートになっていて昔の2chでよく見かけた

「極地法など登山家の恥だ!!」

海へ向かうエバ

ゴルゴ13ゴルゴ13で数少ない人間味のあるゴルゴ13ゴルゴが見える回。
エバの社員を見たゴルゴの狼狽、ゴルゴがエバの名前を覚えていた時に表情。そして最終ページに向けて、エバが子供と遊んだり、楽しそうにしているシーンからのボートのラスト...

「わたしの・・・名前を・・・」「さようなら・・・わたしの・・・男・・・」

ベイルートVIA

冒頭で俺の大好きな4人組米国CIAのフーバー/KGBのキニスキー/MI6DGのヒューム/フランス情報局のオマイリィが登場する。
スパイダー6がどれだけすごいかが分かる前に、全員をゴルゴ13ゴルゴが倒してしまった。
「お、おれたちを殺して...一番とくをする...のは! ...虫(インセクトインセクト)....や、やつに...お...ま...え...」

この後最後の間諜-虫-と続く

最近読んだ本で、ゴルゴ13ゴルゴは女をマスターベーションの道具としてしか見てないところがあるってサイコサイコパスと疑われてましたよ
そう言われてみるとそうなのかもって思っちゃうんだけどどうですか?

最近読んだ本で、ゴルゴは女をマスターベーションの道具としてしか見てないところがあるってサイコパスと疑われてましたよ そう言われてみるとそうなのかもって思っちゃうんだけどどうですか?

最近読んだ本で、ゴルゴは女をマスターベーションの道具としてしか見てないところがあるってサイコパスと疑われてましたよ そう言われてみるとそうなのかもって思っちゃうんだけどどうですか?

@すみこ

長年ゴルゴ13ゴルゴ13をみているとサイコサイコパスではなく女性に対しての感情表現が極端におかしい/好みの女性の範囲が狭いだけなのかもと思っています。

「飢餓共和国」回では一回やった後に「もういい……二度三度とつづけて味わえる女は……そうざらにはいない…」と発言したり「潜入者の素顔」回では「経験の浅い女が、さも経験豊富なようにふるまう……白けるものだ…」などと言っていて冷静なように見えますが、「海へ向かうエバ」回や「冷血キャサリン」回だと相手になんかしらの感情を持っている表現があるので、感情の表現が苦手なだけだと思います。

え、でも誰かしらとしょっちゅうやってますよね?
ストライクゾーンは狭くて感情表現が苦手なのにやることだけはやるって怖くないですか?(笑)

え、でも誰かしらとしょっちゅうやってますよね? ストライクゾーンは狭くて感情表現が苦手なのにやることだけはやるって怖くないですか?(笑)

え、でも誰かしらとしょっちゅうやってますよね? ストライクゾーンは狭くて感情表現が苦手なのにやることだけはやるって怖くないですか?(笑)

@すみこ

作中の娼婦の発言で「日本の忍者は敵地にいった時はその土地の娼婦を抱いて情報を得る」みたいな話をして無理やりこじつけている回や「抱きながら殺し方を考えている」と分析した犯罪心理学犯罪心理学の教授はいましたね

なるほど~w土地ごとに娼婦から情報を得てるということなら少し納得です。私は時間をかけてじっくり読んだことがないので、こういう前情報ありきで読み進めたら楽しいかもなぁって思いました。

最後の間諜-虫-

ゴルゴ13ゴルゴ13の初期の締めとも言える傑作回
ゴルゴ13ゴルゴin砂嵐」「ベイルートVIA」からの続きで三部作になっている

スパイである「虫」をあぶり出すための仕掛けが大掛かりすぎてすごいとしか言えない。どう考えても大赤字の内容

「すべておれ自身が生きるための賭けだ……」

システム・ダウン

保険会社が保険金の支払いで収支が悪化しているので原因を探ると、ゴルゴ13ゴルゴ13による他殺が原因とわかるのでゴルゴ13への連絡網を破壊する話

ゴルゴ13に依頼する時は特殊な方法で連絡する必要があるのだがその連絡方法の一部がわかる回

・「マーカス・モンゴメリモンゴメリー」に手紙を出す
・「ユナイトホライズンホライズン土地開発株式会社」の株を暴騰させる
・ラスベガスの「ウィークエンド」というカジノに行き支配人に合言葉をいう。支配人がスロットマシンでジャックポットを発生させて、記事にする

ゴルゴ13ゴルゴ「あんたが俺を呼んだのは仕事の話か・・・?」
ルグラン「まさかあんたに保険に勧めてもはいるはずもあるまい!」

エゴータ夫人からの依頼ラインはこの時はもう無くなっていたのかな

世紀末ハリウッド

ハリウッドへ参入しようとする香港映画スターを守る回。後半のゴルゴ13ゴルゴ13のビル内での戦いがむちゃくちゃ面白い。アメリカでの映画産業の立ち位置が参考になってよかった。一番好きなところは有名映画を直接出せないので、ちょっとだけ名前や内容を変えて説明しているんだがそこの絵が似てなさが好き

「俺は基本的にボディーガードは引き受けない・・・」

コメントする
reread
また読みたい
フォロー