ネタバレ
心動かされる最後の「選択」

一番下のコメントへ

 3巻とも表紙のロゴの色が異なるのが、まるでトキの心理の変化のように感じられた。トキの性別が定まらなかった1巻と2巻は中性色の緑と紫で、トキが自分の性別を選択した3巻は、寒色の青ーートイレのアイコンなどで男性を意味する色ーーなのが面白い。

 性別が未定の友人が出てくる作品といえば、あまりにも有名な「11人いる!11人いる!」が挙げられる。その中でフロルは状況に応じていつも性別の選択を言い切り、最後はタダと恋人としての関係を築いた。

 一方でトキはずっと性別に迷い選べずにいたが、「ミツハルへの憧れ」という、トキらしい理由で友人を選択する。

 両作品とも美麗な画風のSFという共通点があるが、選択のトキ選択のトキには「SFと友情が今の時代を舞台に描かれている」という確固とした良さがある。

「友達って夫婦とか恋人と違って証明する紙も 指輪も言葉も体も何ひとつなくたって 友達なんだよ」

 最終巻のこのトキのセリフに、自分が無意識に感じていた恋人でも家族でもない「友達」という存在の特別さをズバリ文章にして言い表され、ただただ感動した。

 3巻という短い巻数の中で、SFと友情がギュッと詰まった読み応えのある作品です…!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー