ネタバレ連載当初はコメディだったが中盤からは骨太な競馬浪漫に

原作者の田原先生がなんだかんだあったし、作画の土田先生も若くしてお亡くなりになられて微妙な存在の漫画なんだけれども、まさに世紀の一作。
田原先生が元騎手だけあって競馬の展開、駆け引きのリアルさは他の競馬漫画を2馬身は引き離している。

10 – 35/35件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>

出番は少なかったが、音羽スポーツの極道記者・森元さんも渋い。
西影と森元の会話、森元と宮ちゃんの会話には痺れるものがあった。

ファイアスターに岡村が騎乗すると決まってからの
強敵感も凄かった。
氷室といい岡村、竹といい、かつてコメディでギャグキャラをやらせていたのに、しっかりシリアスキャラに変身させてしまう田原・土田先生が凄いのだけれど。

後半の岡村はかっこいい。ベテランという感じのいろんなテクニックで意地でも勝とうとする点や、次のレースも含めての総合な判断で勝負に賭けるところが最高。

自転車で氷の上を走って感覚を掴むってのは原作者の経験なのか

@名無し

ああゆうのは単なる一読者の私はよくわかりません。
馬にハミととらせてとか与えてとかはなんとなくわかるような気もしますがなんせ乗馬だ騎乗だの経験が無いので。
それだけにこの漫画にでてくる騎手からみた競馬観、馬の操作テクニックってのはとても面白く感じるのですけれどね。

後半の岡村はかっこいい。ベテランという感じのいろんなテクニックで意地でも勝とうとする点や、次のレースも含めての総合な判断で勝負に賭けるところが最高。

@名無し

自分の立場や影響力を計算して、より有利になることを選択する。
実力と実績があるものがそれでさらに有利になろうとする。
この漫画はあくまでもフィクションなんだけれど、競馬新聞には載らない、そういう騎手の戦略・駆け引きがあるんだろうなと思わせてくれて
実際の競馬もより面白くなる漫画だな、と思った。

岡村さん、初期の頃はルー大柴チックな英語を使うギャク・キャラだったのに後半は渋いベテランンに変貌してしまった(笑)。

コメディからシリアスに路線は変更したけれど、読みきりコメディがウケて連載になったのだろうから、コメディ路線も人気はあったのでしょうね。

「どうゆう数字かわかるかね?」
「川内騎手の通算成績みたいっスね。」
は笑った。
しかも数ページ後に追い討ちをかましてきたし(笑)。

レース中のジョッキーって、この漫画みたいにしゃべりあったりするのかなあ、しないんじゃないかなあと思っていたが、某ネットでの騎手談話によると結構しゃべっているらしい。
内田博幸騎手なんかしゃべりっぱなしだとか(笑)。

コミックス各巻の表紙カバーの折り返し部分(というのかな)に田原先生と土田先生のコメントが載っているけれど、各巻それぞれに両先生の情熱が感じられるコメントで、ほんとにこの作品を真剣に、かつ楽しみながら作っていたのだなあ、と感じられる。

@名無し

電子書籍にはついていない...

今週は現実競馬で弥生賞。
けれど最近は「ありゃ馬」の話みたいに朝日杯、弥生賞、皐月賞、と、何頭もの馬が成長し競い合いながら戦いを繰り返していって最終的にダービーで決着だ!って展開がほとんどなくて寂しい。
レースがレベルアップして、その時そのレースに特化した馬が勝つようになってきたからで、けして悪いことではないと考えることも出来るけれど、やっぱり成長してスターホースになる馬達のライバル対決の死闘の積み重ねってやつを見たいなあと思う。

最近のJRAの外人ジョッキー天国の状況とか、
田原先生の「ありゃ馬」的視点での解説が聞いてみたいな。
漫画化しての解説ならなおのこといいが、とはいえ
土田先生以外の作画での「ありゃ馬」は読みたくない。
まるっと別物ってことでの競馬漫画ならいいけれど。

10 – 35/35件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>
コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー