reread
また読みたい
フォロー
編集王(1)
ボクシングチャンピオンの夢を故障で断念した、カンパチこと桃井環八・24歳。幼なじみの編集者に導かれ、バイト見習いで入った漫画の世界で「編集王」を目指す!誰より熱い心を持つカンパチが漫画業界に真っ向から立ち向かう、衝撃の漫画業界コミック!
編集王(2)
「ヤングシャウト」の看板作品『ブルセラム-ン』の作者・小泊浅虫は、宴会の席上で連載を続けていく自信がないと言い出した。思いの丈を吐き出した小泊に、担当である三京と疎井編集長は…。
編集王(3)
「ヤングシャウト」編集部の紅一点・目白通代は、担当作家である甲州から担当を代わってほしいと言われてしまう。カンパチは落ち込んでいる目白を元気づけようと、作家・青山のもとへ連れていくが…。
編集王(4)
即戦力となる新人の確保のために、マンケに参加した同人誌作家からの持ち込みを待つカンパチ。しかし、誰もやって来ない。編集長を黙らせるだけの形を残さなければ、クビになってしまうカンパチは…。
編集王(5)
五日市は、たった一人の文芸部編集者。かつては出版社の柱であった文芸部だが、現在はマンガとヘアヌードに予算を回してもらっているという状態である。文芸部の先行きに不安を感じた五日市は…。
編集王(6)
作品を持ち込みにきた女子大学生・山手さゆりの担当になった本占地は、美人で若いさゆりのことが気になって仕方がない。しかも、さゆりの作品はとても面白いもので…。
編集王(7)
大物作家・マンボ好塚は今ではかつてのような創作意欲もなく、ゴルフや酒にあけくれる毎日を送っていた。そのマネージャー・仙台角五郎もペンも持たなくなった好塚に失望していた…。
編集王(8)
マンボ好塚が連載している各雑誌の担当と編集長がホテルに勢揃いした。一体何のための呼び出しであるのか、見当もつかない彼らだったが…。
編集王(9)
新人として再出発をすることになったマンボ好塚。すっかり昔に戻った好塚を見て、信じてよかったと思う仙台だったが、徹夜で作品を仕上げた好塚は…。
編集王(10)
新連載を始めるにあたって、明治は一つの作品を「女」「男」「裸」と分担して三人の作家に描かせるという。正論を主張する明治であるが、カンパチはそのやり方がどうも気に入らない…。