あらすじ

新人として再出発をすることになったマンボ好塚。すっかり昔に戻った好塚を見て、信じてよかったと思う仙台だったが、徹夜で作品を仕上げた好塚は…。