あらすじ

大物作家・マンボ好塚は今ではかつてのような創作意欲もなく、ゴルフや酒にあけくれる毎日を送っていた。そのマネージャー・仙台角五郎もペンも持たなくなった好塚に失望していた…。