あらすじ

「ヤングシャウト」の看板作品『ブルセラム-ン』の作者・小泊浅虫は、宴会の席上で連載を続けていく自信がないと言い出した。思いの丈を吐き出した小泊に、担当である三京と疎井編集長は…。