あらすじ

五日市は、たった一人の文芸部編集者。かつては出版社の柱であった文芸部だが、現在はマンガとヘアヌードに予算を回してもらっているという状態である。文芸部の先行きに不安を感じた五日市は…。